米国株投資と京都サンガF.C.と…

米国株に投資しながら京都サンガF.C.を応援中!

副業としてのベーシックインカム

久しぶりのブログ。私は特に変わりなく!

久しく投資のことから距離を置いていました。現在も状況は変わりませんが、何故かベーシックインカムに関する記事を読んでいたら興味を覚え、自分で月7万円を得ることは可能かどうか考えていた土曜日の午後。本日も平和です。

米国株村で考えたこと

まずは、色々な投資法や考え方、みなさんをリスペクトしています。

海外ETFのことなどはたくさん参考にさせていただきました。投資で資産を増やしている人や、ブログ収入やアフィリエイト、今では仮想通貨と手段はたくさんあるし、これらを組み合わせて月7万円(年84万円)を達成している人もいます。

まず自分にできなそうなのはブログ収入やアフィリエイトで、そもそも広告自体が嫌いないとと、自分に発信力がなさそうなことです。無理なことはとりあえず外すとして…

では不動産投資はどうか?あんまりモノを所有したくないということでこれも却下。

じゃあやるか、仮想通貨?やりませんと。早くも暗雲が…

PFFで配当金7万円を目指す!

米国株村のみなさんの配当金の記事をみるにつけ、私にもできそうなのはこれかなということであっさり、配当金で月7万円を目指してみることにしました。

個別株には投資しませんので、VYM、BND、BLV、PFFあたりの投資になるでしょうか。

PFFに1000万投資したら配当は43万(間違ってたらすみません)とすると2000万投資して達成と。例えば現在積み立てているVTからVYMに変えて1000万づつなら64万と月5万ちょいくらいになりそうです。債券もVYMと似たり寄ったりで、配当金だけを考えるならPFF一択かなと思いました。VTをVYMに変更しようか考えましたが、株式は全世界でいいやと思い直し(変更するのが面倒というのが一番ですが…)PFFとVTのブレンドで行こうと思います。

ベーシックインカムを自分で得るとしたら2000万以上はかかりそうですね。そう簡単に導入できるものなのでしょうか?

回り道だがPFFを優先することに

どこまで買えるかわかりませんが、VTの積立を止め(今回は積立2回で戦略変更…あいかわらず)、しばらくはPFFを買い漁ってみようと思います。

貯金が苦手な私でも、配当金を頼りにVT投資の足しにすることもできます。
なぜ急にPFFなのかといえば、3年前に信金中金を買っていた記憶があり、当時もほとんど値動きがなく優待の食品カタログをもらっていて、なんとなく親近感があるからです。金融ショックには弱いらしいですが、普段、ほぼ値動きがなくVTとは違う動きをしてくれるなら、世界経済インデックスファンドが好きな私にとってもよい投資かなと思います。

戦略変更といってもPFFを組み込むだけですのでその他は変更ありません。

SBI証券×PFF(どこまで買えるかは不明。将来的にはVTとPFFに集約したい)

投信工房×世界経済インデックスファンド(毎日積立継続中)

SBI証券×VT(ちょっと待っててね。投信も随時解約してこちらに統一していく)

積立NISA楽天VTI)

松井証券×1557(臨時収入で買いたくなったらこれ。積立NISAの資金が足りなければこちらを解約して拠出する)

SBI証券×世界経済インデックスファンド(毎日100円積立。世界経済インデックスファンドのトレース分の顧問料として)

 

ごちゃごちゃしてるけど大事なのは上の4本。今年中に振り替えられたら上出来。やることはほとんど自動で出来ちゃう環境が出来てきました。配当金も楽しみに距離を取りつつ投資生活は続きます。