米国株投資と京都サンガF.C.と…

米国株に投資しながら京都サンガF.C.を応援中!

蛇に睨まれた蛙に睨まれた私…

f:id:keita-sanga86:20180216214016j:plain

暴落は買いだと言うけどさ…

SBI証券で世界経済インデックスファンドを買って本格的に投資をはじめたのが2015年の6月あたり。本日の基準価格22180あたりからはじまりました。

毎月定額積立にしていれば問題なかったですが、投入予定の三分の一程度を入れてからのスタートしてしまい、買ったその日が天井という洗礼を受けました。

9月には19300、16年4月には1700円と含み損が広がっていき、トランプ大統領就任で暴落していたら結構なダメージを受けていたと思います。

しかし、2016年を思い返すと、買えば買うほど基準価格が下がるのが面白くて、結構平気で買い増していました。

それも結果論ですが、トランプ政権以降順調に伸びてきたところで、大体本日くらいのところで利確しました。一時は23000を突破するなどその後も良好に運営されているようです。

ほとんど下で買った分の利益でしたが、基準価格が下がったり、毎月のSBIポイントが増えたりと悪いことばかりではなかったです。

今回の調整は…

今回もポジションを取ったら即調整に見舞われたわけですが、ほとんど買えませんでした。

寸前で引っこ抜いた現金で、ジェイリバイブをちょこっと、インデックスファンドをちょこっと1557は毎日買うと。一括買いはできませんでした。そういえば買う買う言ってたBNDも買ってないな。

ファンドがとっちらかってくると、あれもこれも買ってとなるので、保有するファンドは少なめがいいなと改めて思ったことと、やはり私にとって世界経済インデックスファンドが必要なのだと改めて認識し、松井証券で世界経済インデックスファンドをトレースして毎日積立はじめました。

配当よりも毎日積立か?

配当金に憧れて米国村をチェックしはじめましたが、今のところ配当金が吐き出されるのは1557だけで、これだけで生活できるのは夢のまた夢の世界。VYMやらBNDやら組み合わせていかないと駄目みたいです。

とっちらかったファンドをまとめてドル転しようと思いつつまだ動けないなかで、松井証券の世界経済インデックスファンドと1577、積立NISAはRV全米株式にまとめていってもいいかと思い始めています。

新興国も世界経済インデックスファンドを通じて投資できますし、配当がある1577、20年放置するなら株式のインデックスファンド(VTIってインデックス?スマートベータ?どっちなの)で良さそうかなと思っています。

投信工房なら均等にポートフォリオを解約できるため、本当にお金が必要なら、これを使ってもいいと思います。

自由と規律

投信工房 のポートフォリオをみるのが好きです。自分が買った金額が毎日どこにいくら配分されているのかを見ている方が成長を実感できる気がします。いうほど退屈しません。

規律にしたがって毎日配分される投資法が松井証券なら可能です。

ここを核にして、余裕があれば1557に資金を投入していくだけでも十分かなと思っています。

そのためにもジェイクールとジェイリバイブに頑張ってもらって、松井証券にたくさん投入できれば最高なんですが。