『RV全米株式』で駆け抜ける投資生活!

VTIより高いリターンを得られる人は私より幸せです。

ダウは最強のアクティブファンド?

f:id:keita-sanga86:20171201222441j:plain

アクティブファンドといえば…

やっぱりひふみ投信ということで、勢いありますね!右肩上がりで、一年のリターンが38.81%。トピックスをアウトパフォームすることを掲げ、顧客の信頼度は抜群でしょう。

後はジェイリバ。一年のリターンが60.95%。こういうファンドにはコストかけてでも投資してみたくなりますね。

外国株式のアクティブファンドも多分あるんでしょうけど、全くわかりません。外国はもっぱらインデックスファンドです。

11月29日のマーケット

その日、ダウ平均株価 リアルタイムチャートを見ていたら、ナスダック反落ということで、AmazonやらFacebookやらappleが2-4%くらい下落していて、これらは私が保有しているVTIの保有上位銘柄ばかりだったので、今日は下落かなと思っていたら、ダウは103ドル高ということで、VTIは+39円で+0.38%でした。ハイテクが足を引っ張ったけど、さすがに4000銘柄に投資しているせいか、分散効果を実感した日でした。

全面高、全面安には無抵抗ですが、セクターローテーションにはインデックスファンドならではの動きで、ハイテク関連急落といわれてもやりすごせます。

インデックスファンドは投資したい企業もしたくない企業も薄く広く買っています。AmazonFacebookにはそれほど投資したいとも思いませんが、感情の部分を考慮しないインデックスファンドが吉となる局面もあります。

ダウってインデックスなの?

インデックスとしては30種は少なすぎる気がしますが…

RV全米株式を買っていて、ハイテク控えめな私としてはダウの構成銘柄は魅力的に映ります。

個別株だと30銘柄保有するのは多すぎる気がするが、すでに4000社ほど保有していると、30社が常に見えるダウは、前回も書きましたが厳選されたアクティブファンドのようにも見えます。

まあ、ダウがVTIをアウトパフォームしますと宣言するわけでもないですが、個別株を投資信託保有している感覚が少しでも実感できる気がします。

さらに低コストなダウ投信を待つ…

総資産の30%RV全米株式を保有するのが一番の目標。ダウはNISA預金とリバランスに使うというのもありかも。

割とダウが気になった今日のブログでした。