読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

下で買った感覚を忘れること…なんとなくフルインベ

相場は全く読めませんが、仮に世界経済インデックスファンドが20000を超えてくるようだと、「やったぜ!さわかみのじーちゃん。やはり18000台で買い出動したのは正解だったぜ!」となるのですが、さわかみのじーちゃんのブログには、ブログとさわかみファンドの運用状況は無関係だそうで、さてはファンドは買ってないのかよということですね(笑)。

さてこの下で買った感覚というのは、上で利確して成立するのであって、上がった、また下がった、さらに下がったとなれば下で買ったもへったくれもありません。じーちゃんは、下で買って、上で薄く売る。次のチャンスを待ってまた下で買ってと長期投資の波に乗っていくことを説く。ここらへんは積立投信とはまた違った感覚だろう。

性格的に私が投資に向いてないと思うのは、仮に下で買って上で薄く売ってと出来たとしても、すぐ投資したくなってしまうことですね(´・ω・`)
一括投資はしないにしても調子に乗って積立増額してトータルでいい波に乗れなそうな気配w。
よく考えると債券と投信で総資産の70%保有していて、投信はさらに買い増せば、総資産の80%は一応、非稼働資産がほとんどを占めます。無リスク資産が大事らしい昨今、結構フルインベに近い状況になっています。

債券は自分の中でないもんだと思っています(でも明日はソフトバンク社債のインカムが入ってくるぞい!)。ここでよく言われる生活防衛(誰か攻めてくるんかい)せーぼー資金とやらを確保して、細々と自動積立を少額しつつもボーナスで余裕ができたら追加投資を狙うというのが基本路線ですね。

ほんとに長期でみたらセルリバランスはどうかなと、そんな局面来てないのにね。一応考える。
結局のところ30000超えたらりーかく。とか思ってほっておける奴が一番利益を獲れると思うw。だけど、相場がどんぶらどんぶら上下動して投信の比率が50%から70%になったので50%に戻すぜ〜。とかやりたくなるよね。実際どこかで利益取らないと、手数料だけとられて、あの時利確しとけばとなる可能性もあるもんね。

現役世代でも利益を獲りつつひたすら自分の決めた比率を守って、最低でも投資額+αくらい会社卒業したときにもらえたら、それでいいんですけどね。
それとも弓をつがえるが如く、ひたすら、比率が下がったところで買い増して30000でも40000でも限界突破したらもう投信も卒業というルート(こっちは性格的にきびしいんだよなあw)。

一口に長期投資といっても、利確のタイミングだけは誰の真似出来ないよね。自分が考えるべきはここだけ!

◎むらさき投資家ファンド内訳