伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

長期投資は穏やかに…

長期投資で良い結果を得る人は、投資方針を決めて、例えばそれが積立ならば設定して投資してること自体を忘れてしまう人。

さらに、さわかみのじーちゃんのように相場の波を捉えて株式を安く買って薄く売るを繰り返していけば確実なリーターンを得る可能性が高くなります。

一番厄介なのはブログを書くことを含めて情報に翻弄されやすい当ファンド
世界経済インデックスファンドメインだけど、DC全海外株式インデックスもいいなーとかi-nizuho米国株式でバフェットのじーちゃんをぶち抜いていくのもいいなーとか。

もともとアメリカとインドに投資したかったのですが、特にインドの投信はろくなのが無い状況です。いやそれどころかS&P500ですら、i-mizuhoくらいしかない。あまり需要がないのかな?

米国株式に投資する時もいずれくるかもしれませんが、今のところ世界経済インデックスファンド一本を管理しています。リバランスはお任せできて、こちらが気にするべきは現金との比率のみ。

もう現物株すら手放して、現金:投信:債券のみでいこうかなとも思いましたが、このところの値下がりで慌てて利確することもないよねと(ビックカメラに関しては中国の爆買い禁止令というちょっと面白そうなニュースが、700〜500くらいのレンジに入ってきたら永久保有を1000株まで増やそうかなと欲が出てきました。カルナは唯一会社の成長を見守ろうと100株だけ保有しています。ビックカメラ以外の新規の購入予定はありません)。

ファンドは世界経済インデックスファンドのみを注視していく方針です。とはいえ、月々の積立設定済みですし、リバランスはRSI20を割ったとき。再度、現金:投信を33:33に設定します。今年はいきなり20割れになったので意を決して一括拠出分を投資し終え、次なる暴落にそなえ現金を作って行きます。

セルリバランスは明らかに比率がおかしくなったらでいいかなと。これは少し先になりそうですが。

そんな感じで、そろそろ投資自体から降りていきます。少なくとも方針で迷うことはなくなりました。
もう日経ヴェリタスも買わなくなりましたし、ロイターやら経済系のネットニュースのブックマークも外しました。カンチュンドさんやさわかみのじーちゃんのブログともしばらくお別れです。迷ったらまずは、バンガードの冊子を読む。積立で迷ったら星野泰平の本を眺める。自分がやるのは割合の管理のみでそれもアバウトに債券:投信:現金を3等分すればいいので相場感は不要になります。むしろ現金を作ることに注力すべきなのだと思います。

S&P500に連動したインデックスファンドで手数料0.1〜0.2くらいの投信が設定されるのを5年でも10年でも待ちましょう。いつかはバフェットの遺言通り米国株式を別建てで投資する時もあるかもしれません。



むらさき投資家ファンド内訳

 

【現金】…33

投資信託…33

世界経済インデックスファンド

【債権…32

46ソフトバンク社債

変動10年第68回個人国債

【現物株】

3048()ビックカメラ

4572カルナバイオサイエンス()