読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

一丸 よみがえる不死鳥(サンガ)

もはや、読み方すら不明な今年の京都サンガのチームスローガン。感じるしかない!
残念ながら、サンガで育ってきたユースの中核選手が相次いで移籍してしまい、戦力以上の痛手を被りました。私は、京都の人間ではないので、ユースをじっくり観る機会もありませんし、トップに上がっても試合に出ないことにはなかなかユースの選手を認識できないですので、ユースだからという思い入れはあまりありません。

それにしたって、宮吉拓実の移籍はユース云々を超えて寂しかったですね。チームが苦しくても、宮吉がゴール決めて勝ってくれれば、いろんなことを忘れられる。一番応援に力が入る選手でした。宮吉、駒井、原川、伊藤とJ1に舞台を移して戦います。誰か一人でも代表の座を掴んでくれることを祈ります(そして宮吉はいつか取り戻すぞー!)。

しかし、それを上回る補強に成功。十分に戦える戦力が整いました。

GK菅野 孝憲DF染谷 悠太DF牟田 雄祐MF岩沼俊介DF本多 勇喜MFアンドレイMF堀米 勇輝FWイ ヨンジェMF佐藤 健太郎FW沼 大希MF荻野 広大FW矢島 卓郎

J1主力選手から、再起を決して来た選手、ユースからの昇格(レンタルバック除く)と早々たる面々が揃いました。守備面ではJ2屈指ですが、攻撃陣に課題ありとの評価が多いですが、アンドレイをどう使うか、堀米は京都に変化を、イヨンジェは長崎在籍以上の活躍を、沼はチャンスを掴めるか。レンタルバックの田村、若手の石田、和田、永島、ベテラン山瀬ががっつり競争すれば、連携で相手を崩して点とったり、セットプレーも期待できる。後は監督の手腕でしょう。

山中社長に代わり、いきなりJ1連覇を掲げてスタートしました。個人的に社長にめちゃくちゃ期待しています。
サッカーのことよりも組織としてやらなくちゃならないことを早い段階で把握して、チーム理念を改めたり、サポーターとの対話に努め、スポンサーも説得して強化費を増強し、事実補強にも成功しています。
だからといって、去年J2・17位のチームが、今年昇格、J1連覇と成し遂げるには、チームを育てなくてはいけません。

まずは山中社長。サッカーではなく組織としてサンガを変えていく存在。強化部と監督に現場を任せ、全体を統括できる営業あがりの社長。空回りすることもあるでしょうが、一サポーターとしても支えたいと思える社長ですね。

そして石丸監督。チョウキジェ監督就任に失敗して、セカンドベストとして監督続投。しかし、コーチ陣も石丸監督を良く知る人が多く、この辺は戦略的に補強できたのではないでしょうか。若手の力を引き出す能力に長け、守備の構築も出来る。まあ選手交代のタイミングやらは時々???ですが、愛弟子ともいえる堀米を獲得できたし、ぜひとも昇格してJ1も石丸監督で戦いたいですね。

ユース選手。主力選手はJ1や海外へ移籍してしまいました。久保、奥川、駒井、宮吉、伊藤、原川と。しかし原石は途絶えることなく今年も活躍するでしょう。下畠も苦労しながら出場機会を増やし、駒井の7を継いだ田村、讃岐で一年通して戦った高橋は開幕スタメンを十分狙えます。彼らの活躍がホームを盛り上げる。
それでも少し人数がだぶついているようであれば今後は昇格即レンタルがあってもいいのかもしれない。出場0で終わっちゃうのは少しもったいないような気もする。

そしてサポーター。まあ、私はアウェー専門なので、戦える場所は限られてますが、時間が合えば参戦したいですね。今年は耐える場面が多くなるかもしれません。1−0を拾う展開が多くなるかもしれません。でも今年のサンガはきっと面白くなる予感がします!