伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

SBI債約定せず(´;ω;`)ウッ… 債券投資家への道半ば

う〜ん。残念ながらSBI債は約定しませんでした。安定したクーポン欲しかったな。利回りを考えると、ソフトバンクマネックス、SBI債くらいしか社債は良さげのがありません。そのうちすでにソフトバンク社債は後4年弱拘束されているので買ったら買ったで倒産しないことを祈るばかり、それでも1%〜2%でもクーポン付けば大騒ぎ。社債の世界も甘くない?後はマネックス債だけど、5年拘束は諦めようかな。来年もう一度SBI債にチャレンジしましょう(ノД`)・゜・。

さてさて、現在はバンガード流(一定金額拠出+積立)とニーサ枠を使った星野康平流(定額積立)の積立投信を行っています。まだ初回の目標金額が2割弱足りてないため、落ちるナイフをひたすら拾いつつ積立のフェーズに移行できるよう整えます。出来ればRSIが20圏内にいるうちに、もしくはさわかみのじーちゃんが「たっぷり買えましたか」と言われる前に一定金額拠出は終了したいところ。

積立てのフェーズに移行したらブログなんかやめちまえばもう資産運用はリバランスを含めてお任せできちゃいます。急騰すればバンガード流にメリットがあり、下がる分には星野流にメリットがありますが、10年スパンで積立てを続ければどちらも同じくらいかなと思います。

ただしニーサ枠は今度どのような変更があるかわかりませんが、5年スパンで運用するか、ロールオーバーすれば新規の枠が無くなるのかな?となると定期積立というわけにはいきません。
ニーサ枠はとりあえず5年積立てて、あまりメリットが得られないようなら特定口座だけでもいいかなと思います。5年積立てられればバンガード流に星野康平流を合わせた積立を継続するのみです。

今考えても、想像の世界ですが、10年キッチリ積立てられたら、次の10年は積立金額を減らすか、現金と投信の比率に切り替えて、会社卒業時に必要な分をキャッシュにして積立はやめるみたいなイメージはあります。

まずは完全積立て体制に移行できるようもう少し買い進めます。



むらさき投資家ファンド内訳

 

【現金】…43

投資信託…23

世界経済インデックスファンド(積立)

【債権…31

46ソフトバンク社債

変動10年第68回個人国債

【現物株】

3048()ビックカメラ

4572カルナバイオサイエンス()