読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

星野泰平流+バンガード流積立投信を◎パクリ!(キャッシュが続く限りはね…)

さわかみのじーちゃんよー。最近落ちてくる世界経済を拾いまくってます。目標拠出まであと2割弱。これを買い終わるまでは反騰しないで欲しいよね〜。じーちゃんもそろそろブログで「たっぷり買えましたか」出してくるんかね。RSI以上のさわかみのじーちゃん指数。信じてるぜ!

さて、特定口座とニーサ口座で世界経済インデックスファンドを買い付けていますが、投資方針は多少の違いがあります。

特定口座(バンガード流)は一定金額を拠出してからの積立。月々の単価の変化は少なくなるので、一方的に上がってくれるのが理想的。ほとんどそんなことはないので一応会社卒業後の資金となるように積立てます。積立額は少ないといえども、数十年積立てれば、一定金額拠出の半分くらいの金額は上積みされます。どちらにしても10年単位で世界経済はゆっくり静かに成長していくと読んで、まずはこの方法をとります。

ニーサ口座は毎月定額を積立てていきます(星野泰平流)こちらは、効率の問題はあるにせよ、上がっても下がっても対応できます。逆に序盤は下がり続けて徐々に上がってくれる方がありがたい。上がり続ければ、こちらの効率は悪いですが、特定口座は伸びていく。少しだけ投資方針を変えることにより、上げにも下げにも対応できる投資法となるはずです。まあ、問題はさすがにニーサ枠を何年も買い付けるのは大変なので徐々に積立金額が減りそうなことかな。でも積立は止めたくはないですね。まともに積立ててたら数十年後にはバンガード流の金額を追い越すもんな〜。投信貧乏になっちまうぜ。投信ポイントで食いつなげるのかな?

世界経済インデックスファンドは株式:債券も5:5そしてリバランスしてくれる。積立方法も2種類であらゆる値動きに対応できる投資法。常に世界の平均を意識していく。これがわがむらさき投資家ファンドの投資法だと胸を張って言えます(◎パクリなんすけどね…)!
そしてこの投資法の良し悪しはまず十年きっちりと積立られたら検証します。もう一喜一憂とかいうレベルじゃねーぞ


むらさき投資家ファンド内訳

 

【現金】…19(SBI債抽選のため一時拘束中)

投資信託…33

世界経済インデックスファンド(積立)

【債権…44

46ソフトバンク社債

変動10年第68回個人国債

【現物株】

3048()ビックカメラ

4572カルナバイオサイエンス()