『RV全米株式』で駆け抜ける投資生活!

VTIより高いリターンを得られる人は私より幸せです。

債券保有が長期投資成功のカギを握る

私は親の遺産で個人国債ソフトバンク社債を購入しました。今思えば全て個人国債にすべきでしたが、利率につられて社債を保有しています。社債は後3年強期間が残っていますので、償還されるまでは潰れないでねとの思いをこめています。
償還されれば全て個人国債を購入したいと思っています。

今の生活の中で、無いと思って保有しているお金がある(まあ、定期預金よりは多少ましなレベルですが)ということは、積立投資をしていく上で何よりも安心感があります。

昨年株式投資をしてみましたが、上がればすぐにマネーフォワードをチェックして、下がればみたくないみたいなことが続きましたが、マネーフォワードは資産管理全般を担っていますし、債券:投信:現金の比率をチェックしてお金の使い方を考える良いツールなので、現在の世界経済インデックスファンドでの運用は現物株に比べれば穏やかなので、より冷静に今の現状把握ができるようになりました。

また、債券部分を世界経済インデックスファンドと現金だけでの比率で管理するとなると、総資産の不動部分が無くなりますので、それはあったほうがいいだろうということ、比率を上げるストッパーの役目にもなっています。

今は債券を除いた部分で投信と現金をにらみながら積立投信をはじめたばかりです。理想は債券:投信:現金を3等分したいですが、積立てていくのでノーセルでいくと投信の割合がどんどん上がっていってしまいます。

設定の間違いとはいえ、長期投資目的も、ニーサも世界経済インデックスファンドとなりましたのでどちらにも積立てていくことになりました。
ニーサ数年分と投信を総資産の3分の1を保有したとするとだいたい、現在保有している投信と現金の比率が逆転するので
現金20:投信50:債券30
くらいの予想比率になりそうです。中期投資をうまくラダー式に崩してさらにニーサ枠に投資していければ理想ですが、そんなにうまくはいかないでしょう。
特定口座の保有分はリバランスで対応して、ニーサ枠に対応できるように貯金していかないと、利確したいタイミングでの暴落に対応できなくなります。

できれば長期保有分はリバランスしつつ、月1万でも積立出来れば理想です。ただ、人生は投資だけではないので、大きな買い物や浪費をすれば投信を買う前に現金比率が落ちていきますので、苦手な無駄使いのチェックもしていかねばなりません。

今は、比率云々より、世界経済インデックスファンドを買っていく場面です。
私が唯一、基準にしているRSIも20に近づいていますし、18500を割ったらスポットで買ってみたい局面ですね。
投信を3分の1保有した後のリバランスと積立局面の第二ステージに到達できる日は結構はやいかも…

むらさき投資家ファンド内訳

 

【現金】…47

投資信託…20

世界経済インデックスファンド(積立)

【債権…31

46ソフトバンク社債

変動10年第68回個人国債

【現物株】

3048()ビックカメラ

4572カルナバイオサイエンス()