読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

世界経済インデックスファンドが年初の19,635円を突破…焦らずに

f:id:keita-sanga86:20161210000739j:plain

なんとかショックとかトランプマジックとか色々ありますけど…

守りに強いと定評のある?世界経済インデックスファンドも2015年の5月29日の21,949円から2016年の6月24日の17,405円へと-4,544円も下落しました。

思えばチャイナショックやらギリシャのなんちゃらやら、イギリスのブレグジットと色々なイベントがありました。

その後、今日現在では19,854円と2,449円上昇しています。まだまだ高値更新は先ですが、少なくとも、年初に一括で買った人も、定額積立てした人も現在はプラスになっている感じです(検証は能力的にできませんが、定額積立ての方がよりプラスになったのでは…)。

まだ、年末までどうなるかわかりませんが、一括投資して大騒ぎしても一年で戻ってきてしまう。一年のチャート見ただけでも面白いものです。

積立を止めてしまったので…

本来なら、これからも積立てていけばいいですが、現在は松井証券に積立を回しています。また18,000円を割るくらいの下落があれば、松井証券の積立を世界経済インデックスファンドにも回していきますが、止めてしまうと後は上昇するのを待つのみです。

多分難しい利確ポイント…

例えば、トランプが大統領就任中に世界経済インデックスファンドが30,000円を突破したら利確すると決めたとします。

ところが、実際に突破するとしたら、必ず更に上にいくだろうと思ってしまいます(強欲の性…)。

昔、カルナバイオサイエンスを1,000円代で買い6,000円代まで跳ね上がった時は、10,000円超えるだろうと思いぼーとしてたらいつのまにやら2,000円に。なすすべもなく利確して現物株から逃げてしまったことが思い出されます…

利確はひたすら柔軟に。利確の戦略はこれくらいしか、今のところありません。

やはり世界経済インデックスファンドがいいと思う、なんちゃらの理由…

なにかしらのおこぼれが拾える所でしょうか。確かに有無を言わさぬ大暴落には無力ですが、国内債券だけが上昇していたり、先進国債券が上がっただの、国内株式が独歩高だの、いろんな相場に多少なりとも絡めるところがいいですね。

相殺されたり、株式オンリーに比べれば効率は悪いような気もしますが、毎月分配型代わりのSBIポイントを一年貯めて、全力でふるさと納税の支払いに回して本体の成長を待ちましょう。

世界経済インデックスファンドと先進国株式9:先進国債券1の毎日自動積立投資の、2種類の性格の異なるファンドでなんとか、資金が増えてくれたらいいですね。