伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

まるで出来の悪い生徒のようだぜ

f:id:keita-sanga86:20161205233221j:plain

当ファンドに死角あり?だと…

松井証券での積立をはじめて第一回目。今日もこれから自動積立が行われます。

とにかく、積立を止めないように注力する。戦略以上…と思っていたら、松井証券で毎日積立を超戦略的に行っているとのことらしい、「男爵せんせー」よりご指摘が…うぅ。守りにめっぽう弱い当ファンドですが、こういう指摘大事だぜ、とどこまで理解できるかはわかりませんが読み解いて見ましょう。

*1

 

まずはかわす、先制攻撃!

おそらくこの方は、毎営業日積立ての積立金額が5000円未満なんでしょうね。

 すでに、こちらの投資金額もばれてーら。ということで、株式9:債権1で買うとすると株式→株式→株式→債権→株式みたいな感じで買い進めていくことになりそうです。

松井証券が組んだポートフォリオ(8銘柄とか9銘柄)をそのまま利用していくとそれごとに買い付けていくのでポートフォリオの完成に時間がかかるとのこと。

銘柄をたくさん増やすと、そんなこともあるかもと思い、松井証券で投資する銘柄は絞って2銘柄にしています。バランスファンドのように500円で全銘柄に投資というわけにはいかないので銘柄数は要検討といったところですね。

投資金額についてはいくらでもいいのですが、まだボーナス弾を装填してないのでと…こんなところで逃げを打つ。

投資日は毎日か毎週か毎月か…

全世界株リバランス積立をするのであれば、積立金額は最低でも6000円程度にした方が良いというお話でした(毎日6000円ずつ積み立てると1か月では13万2000円になりますので、そこまで買えない人は、毎営業日ではなく毎週とか毎月積立てにした方が良いと思います)。

 全世界リバランスというのは先進国株式8:国内株式1:新興国株式1に割り振っているようです。ポートフォリオを維持していくならこれくらいの金額があった方が良いので、ここは無理せず毎週とか毎月確実に全銘柄購入した方が良いとのこと。

毎日積立のハードルは結構高いですね。とはいうものの、すでに毎日投資することが目的(趣味)化してる当ファンドですので、ポートフォリオの歪みよりも、毎日最低金額でも積んでいく道をこれからも選択していきます。

二種類ある投資の思想に折り合いをつける…

なお、この方がなぜ先進国株9、先進国債券1というポートフォリオにしたのかは分かりません。
この方は、世界経済インデックスファンドを購入する理由について、「国内が上がったり、新興国が下落したりとなんだかんだで、全部買っておけば良かったと思ってしまうので、配分はプロに任せて、世界まるごと保有していきます。」と述べていますので、松井証券でも全世界株リバランス積立をしたらいいのにと勝手に助言しておきます。

なぜ、松井証券で先進国株式9:先進国債券1にしたかということは前回も書いてみましたが、あらためてごちゃごちゃしたところを整理してみると…

  • まずは、基本的に松井証券で口座を開いて新たに投資する必要がない→世界経済インデックスファンド一本をSBI証券でこれからも毎月積立てるでもよい。
  • マネックス証券で毎日手動投資を100回行う→こちらの方が自分にあっている→松井証券で毎日自動積立投資をはじめる。
  • 毎日積立に関しては、ほぼほぼ株式でいきたい→株式でいくとしたらDC全海外株式インデックスファンドような、先進国株式9:新興国株式1とか、バフェットの遺言にあるようなS&P 500 (米国株式)9:米国債1を模した感じで投資したい。
  • 本来毎日積立であれば先進国株式のみでもいい→松井証券での投資なのでリバランス感も見てみたい。

ここから、信託報酬も考慮して

  • たわらノーロード先進国株式90%
  • たわらノーロード先進国債権10%

に決めました。思想というほど深くはありませんが…

世界経済インデックスファンドは、私の中で既に一定水準以上ポジションを取っているのでこちらはしばらく放置します。

どちらかというと、マネーフォワードで投資信託:債権:現金の割合を見ておく方が大事ですね。

どこまで続くか毎日積立投資…

どちらにしても、趣味だ趣味だと強調してる毎日積立投資を続けることだけでしょうね。毎日積立投資が良いと思える点は、例えば、~ショックの時に、投資のチャンスだと騒ぐこともないですし、今時点のように上昇時に積立止めたいとか、利益が増えてほっとしました的なことを思うこともないところだと思います。

感覚的に毎月よりも毎週、毎週よりも毎日投資しているほうが、フラットに相場に向き合えるような気がします。

その感覚はマネックス証券での手動積立投資で得たと思うので、納得がいくまでひたすら積立ます。そして旅行行くだの、クロケットジョーンズの靴買うだの、ドラクエ買うだのでこそこそ利確していく。多分そんな日がこれからも続いていくでしょう。

 

ということで、当ファンドの投資法をもう一度考えるいい機会になりました(ころころ方針は変わりますが…)。松井証券も新規の積立が増えて、これからも安定した投資環境を作ってくれたら、こちらは特に言うことはありません。

*1:40代でアーリーリタイアしたおっさんが たわら先進国株でベンツを買うブログ内「他人のブログに勝手にアドバイスするシリーズ(10)~リバランス積立は1銘柄500円以上から」参照のこと