伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

お金のルールを考えてみた

はやいものでもう師走。はじめての現物株投資を行い良かったことも悪かったこともありましたが、良い経験になりました。来年度以降の投資方針を決めました。現物株の新規購入は止めることにします。

本当は現物株も投資続けたいのですが、プラスマイナス以上に生活に影響があるなと。
ネット証券は便利な反面、気になれば意味もなくチェックがやめられないので、Twitterと同じで依存を感じはじめたら引き時なのかなと思いました。

とはいえ、以前から続けてきた投資信託はずっと続けたいですので、来年は投信を中心にブログを続けていきます。

せっかく投資に興味を持ったのだしFP3級の資格でもとってみようかとテキストを買ってみたり、するかどうか未定ですが、ICL視力矯正で乱視を矯正しようかとか(ボーナス一回分は楽に吹っ飛びますが…)
ジムに通おうかとか?ふるさと納税なんにしようか?バイクでどこ行こうか?サンガの観戦増やしたいとか計画を立てています。

いろいろなことを計画する中での投資を行いますのでなるべく機械的に持続的にやっていきます。
銘柄は長期を世界経済インデックスファンド、中期は利確前提ですのでたわらでもニッセイの外国株式でも好きなほうで構わないでしょう。来年以降さらに、手数料を落としたファンドが出てくるかもしれませんが、それは再来年のニーサ枠で考えます。とにかく外国株式は変更しません。

最近のインデックスファンドの手数料引き下げは、ブログとかでのインデックスファンドの盛り上がりなども反映されたのでしょう。そういった声を無視できなくなったということはすごくいいことだと思います。
今後さらに下げてくるファンドも出てくるでしょうが、だんだん値下げのインパクトも薄れてくるでしょうし、単純に下げても資金流入となるかどうか?ニッセイのように開発者が前に出てメッセージを出すか?後だしなら、これ以上下げられないところまで突っ込むファンドがあるのか?
あれこれ乗り換えるのも面倒ですし、ニーサ枠なら1年ごとに買いたい外国株式買えますからその点では便利ですね。

さて、欲しかったapple商品を買うために、大型株のトヨタと村田を利確しました。
一気にキャッシュポジションが増えましたので、少しだけ世界経済インデックスファンドを追加し、利上後、急落する場面があれば最後の買場を狙います。
トヨタ、村田、ピジョン等を狙っていますが、買場があるかどうか?
そして買ってはいけなかった麻薬ともいうべき2倍ブルETFを利確。投信の手数料が劇的に下がってきたのでETFは多分もう買わないでしょう。

徐々に現物株の比率を落としインデックスファンド投資にシフトしていきます。
そんな2016の投資方針を立てました。

むらさき投資家ファンド内訳

 

投資信託

世界経済インデックスファンド(積立)

i-mizuho先進国株式インデックス

【現物株】

3048()ビックカメラ

4572カルナバイオサイエンス()

8411()みずほフィナンシャルグループ

8421信金中央金庫

【債権】

46ソフトバンク社債

変動10年第68回個人国債