伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

ニーサ枠の積立設定をやってみる

いつの間にか、SBI証券でも来年度のニーサ枠分の金額が120万と表示されていたので、ニーサ枠をニッセイ外国株式インデックスファンドの積立設定をしました。
積立てに一年かけて、3〜4年間運用して4〜5年目で利確できれば税金の恩恵を受けられます。持ち越しは良くわかりませんが、マイナスであれば税金を諦め、長期に切り替える感じでしょうか。5年の周期で積立て〜利確のサイクルができればいいですが、まあそんなうまくはいかないでしょう。

・ニッセイ外国株式インデックスファンドの役割…仕事を続けている間の中期投資。利確して出た益は自分のためにつかう。私の嫌いな言葉の「老後の生活」というやつとは区別する。

・世界経済インデックスファンドの役割…長期投資前提で仕事を続けられなくなったときから使うことを想定して投資する。来年は給料から2万円を確保して、毎月積立てたい。暴落時の追加投資分は利確する。同じようなコンセプトで手数料を下げたファンドが新たに設定されたら、安定運用を見極めて乗り換えも考える。出来たら世界経済インデックスファンド自体の手数料が安く、分配金を出さなくなればね。

これで、債券部門に続き投資信託部門も暴落時を除いては機械的に投資する方針を固めました。後は現物株をどうするかだけですね。

まず全面撤退するかどうか。ブル2倍、村田、トヨタは撤退できると思う(村田、トヨタは長期保有できるかもしれないが、長くても来年4月までに一度利確したほうがよさそうかな。
ビックは最低でも100株は保有しておきたいし、カルナも噴いたら今度こそ利確と狙ってますが、これも100株は保有しておきたいですね。
と今のところ、かなり思い切らないと難しいようです。性格的に損切よりも難平派なのでトヨタ(もっと安ければ村田)みたいなところで銘柄を絞ってゆっくり売り買いするのが向いてるように思います。本日日経平均が20000を超えてきましたが、こういうときは動くことも無く、年末株高を見越して利確するかどうか考えます。

カルナとビックが100株になれば現物株の動きははじめたころに比べたら気にならないと思います。村田とトヨタは長く付き合いたいですね。
みずほ証券で保有しているみずほと優先出資証券はまあどちらでもいいです。
まあ、本音を言ったら、現物株の比率が増えてくれて、全面撤退して投信のウエートを高めたいですが。どうなることやら。

むらさき投資家ファンド内訳

 

投資信託

世界経済インデックスファンド(積立)

i-mizuho先進国株式インデックス

ETF

1579日経平均ブル2倍上場投信

【現物株】

3048()ビックカメラ

4572カルナバイオサイエンス()

6981()村田製作所

7203トヨタ自動車()

8411()みずほフィナンシャルグループ

8421信金中央金庫

【債権】

46ソフトバンク社債

変動10年第68回個人国債