読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

中山博貴を見に行く!

ついに、今年は西京極にいった回数0と近年になく京都サンガの応援にいけませんでした。
スカパーで追っかけてブログを書いたりしていましたが、和田監督体制があまりにもひど過ぎて、勝っても文句ばっかり書くようになってしまい。一時京都サンガ関連のブログは休止してしまいました。

その後もドローが続き苦しい展開が続きましたが、なんとか前節にJ2残留を決め、来季こそ、途中でけつわることもなく応援できる体制になったらいいなと思います。

そんななか、チームの精神的主柱である中山博貴が引退表明。今年は一試合も出れなかったがまだ29歳だし、今年一年棒に振った分来年も戦ってくれると思っていましたが、ひざの状態が良くないらしく引退となりました。サンガで仕事がしたいと希望していますし、コーチや普及(こっちは博貴には荷が重いかなwキャラ的に)で将来もっと大きな活躍をしてくれるでしょう。

私がはじめて京都サンガの試合をみたとき、秋田・森岡は知ってるくらいでした。そして田原・宮吉・中山とだんだんと選手を覚えていった時の選手でした。安藤・中山・工藤がいるうちに昇格できればまだ、チームの雰囲気も変わったでしょうし、なかなかサポーターともコミュニケーションがとれる選手が少なくなってしまった印象です。

中山博貴の後を引っ張っていってくれると思われた駒井善成浦和レッズからオファーとの報道がありました。サポーターにも自分の言葉で語りかけてくれて、若いながらも責任感がありチームキャプテンを務めた選手ですが、こちらも来年は移籍してしまうかもしれません。

まあ、監督も含めて来年はどんなチームになるかわかりませんが、私は新社長の手腕にも期待しています。サッカー全然知らない感じでしたが、会社とか組織とか運営とか経営とか、誰かが責任をもってやらなきゃいけないポジション(まあ京都の場合京セラ人事なんであれですが・・・)でそれこそ、今年のスローガンのイノベーションを起こせるか。大人の手腕でサンガを変えて欲しいです。

最終節水戸戦は勝っても負けても何もない消化試合になりました。でも単純にホームに乗り込んできた水戸を倒して、そのピッチに中山がいて、駒井がいて、みんながいて、ブーイングもあるでしょうが来季に向けて本気で走り出して欲しいです。頑張れ京都サンガ