伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

SBIポイントが付くようじゃ、まだまだコストが高いって感じかな?

来年のニーサ候補としてニッセイ外国株式(債券)をあげましたが、各社インデックスファンドの値上げに踏み切り、低コストインデックスファンドが盛り上がってきました。
さらには、今年一番のファンドを決めようなど年末年始はインデックスファンドの魅力がクローズアップされます。
好きなファンドといえば今でもi-mizuho米国株式インデックスです。
まかり間違って、i-mizuhoもコスト競争に参戦してくれれば(それ以前に償還期限なんとかせい)投資したいです。
冷静にS&P500の10年チャートを見ていれば長期投資には最適だと思っています。
本当になんでS&P500のインデックスファンドないんでしょうかね?先進国株式とか外国株式よりも投資先としては魅力あると思うのですが。

まあ、インデックスファンドですのでもっと儲けたければアクティブファンドや現物株投資ということになります。インデックスファンドは好き嫌いというよりは
・低コスト
・安定した資金流入
の2点で選びたいです(これまでもよく高コストファンド買ったけど)。
最近の低コスト化によって資金の流れが変わるのか?
でも、低コストに踏み切ったファンドには資金流入を期待します。大枠の流れとしてはインデックスファンドは低コスト。アクティブファンドは今まで以上に結果が求められます。
どちらにしても、淘汰されるべきファンドはどんどん退場して本物のファンドだけが生き残れる時代がくるでしょう。

来年ニーサ枠をニッセイ外国株式(債券)で積立てていくならば、ちょっと危なっかしいですが、世界経済インデックスファンドを現金代わりに運用して積立の原資にする予定です。

現物株投資は利上げ前に最低でも半分は利確しようかなと。
日経も20000まで戻ってきましたが、やはり利上げの一時的なインパクトがあるかなと。
押し目を入れるにしてもキャッシュを戻さないとですが、なんにしても影響が軽微だといいですが。

少し12月の値動きは心配ですが、せっかく投資したい会社に投資できたわけですし、やはり長い目で見ていきたいです。


むらさき投資家ファンド内訳

 

投資信託

世界経済インデックスファンド(積立)

i-mizuho先進国株式インデックス

i-mizuho米国株式インデックス

ひふみプラス

ETF

1579日経平均ブル2倍上場投信

【現物株】

3048()ビックカメラ

4572カルナバイオサイエンス()

6981()村田製作所

7203トヨタ自動車()

8411()みずほフィナンシャルグループ

8421信金中央金庫

【債権】

46ソフトバンク社債

変動10年第68回個人国債