読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

進撃のi-mizuho…でも債券じゃないだろ。

いつのまにやらi-mizuhoの債券ファンドが無期限になっていた。しかし、そんなに資金豊富というわけでもないのにね。インフレ連動債やらなかなかマニアックなのもあるけどね。

でも株式はまだ償還期限付。i-mizuhoといったら米国株式でしょうーが!
S&P500に唯一投資できる投信。世界経済インデックスファンドよりこちらに投資したい気持ちは変わりませんが、もし無期限となれば一気に気持ちが揺らぎそうです。

世界経済インデックスファンドもi-mizuho米国株式も村田製作所も結局のところは安く買って高く売るということ。
ニーサ枠で積立、RSI20で買い増し、80で売りこれだけやれば十分でしょう。

現在はほとんどのファンドや個別株は買われすぎの状態。こんなときは静観しつつ次の戦略を考えるわけだ。この間に1銘柄購入しました。日本株といったらみたいな大型株です。利上げに向かってどこまで上がるか分かりませんが、利上げを織り込んでもやっぱり下がるからなあ。そこまでに株式の比率を落として買場を探るか?

しかし自分の好きな会社にはやっぱ投資したいよなあ。なかなかインデックスファイターにはなれないね。でも株式の長期保有は本当に難しい。インデックスファンドは保有してもほとんど気にならないのにね。株式の方が配当金もあるし本当はじっくり長く投資し続けるものなのに。
そろそろ買い散らかした投信も整理していく予定。なんだかんだで去年もみずほ銀行でたくさん投信買ってたからあんまり成長してないけど。

いつものように大まかにみずほ証券、銀行、SBI証券の役割と今後を考える。

みずほ証券について考えていることは財産の3分の1をソフトバンク社債、優先出資証券、国債(キャッシュ)にわけてマネーフォワードから分離してほぼ無かったものとして4年間ほっておきたいです。社債が償還されたら次の手を考えますが、何もなければ変動10で決まりでしょう。煩悩がなければきっちり三分の一を国債で固定しておけばポートフォリオ上はすっきりするのですが。まあ、債券エリアはさわらず、最初からなかったものとして放置するしかないですね。優先出資証券は目標まで買い増す予定。国債は買ってもほんの少し。

○銀行は生活するために必要な資金を入れる。みずほプレミアムクラブ用に定期預金を少々。半分みずほにくれてやるようで悔しいですが。

SBI証券はリスク資産と安全資金を両方管理します。みずほ銀行から月々ネット証券に積立ていき積立投信の原資とします。リバランスは現金とリスク資産(債券は除く)で管理。

ただ銘柄は悩むよね。盟友が頑張る村田は高い。安く買って高く売るとしても塩漬けになる可能性も高くなる。新しく買った日本的な株は村田に比べれば安いですが、それでも頻繁には買えない。みずほFGくらいなら難平も含めて長く付き合えそうなのですが、みずほFGにはそこまでの思い入れがない。現在保有している成長株は次噴いたら売却と思いつつ、少しずつ成長を続け、もしかしたら10倍株になるかなと思っているとなかなか売却できない(確か5月に買ってそのまま放置してるからこれが一番保有期間が長いわけだが)。さらに優待株を1銘柄保有している。これも100株保有していれば十分か?
どっかのタイミングで100株に減らそうか。

とまあ、現物株はいつも悩むわけだが、もしここで米国株式が無期限になったら、一気にインデックスファンドに舵を切る可能性もある。時期をみて世界経済インデックスファンドも利確して資金の移動の可能性もある。最初から米国株式と米国債のブレンドで投資を考えていたし、因縁のあるi-mizuhoあとは無期限と来たら覚悟決めて株式投資はあきらめて米国株式とキャッシュ比率で投資したい。どーなるi-mizuho。とりあえず話は無期限になってからだ!


むらさき投資家ファンド内訳
投資信託
世界経済インデックスファンド(積立)
i-mizuho先進国株式インデックス
i-mizuho米国株式インデックス
ひふみプラス
ETF
日経平均ブル2倍上場投信
【現物株】
非公開…4銘柄・優先出資証券・みずほFG
【債権】
変動10年国債ソフトバンク社債
S&P500(本日の目安)…2099