伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

帰ってきたヌルサポ!新生石丸サンガに期待大!!

Hセレッソ大阪戦。1-0で勝利\(^o^)/

チームが一番苦しい時こそ支えるのがサポーターと、言い尽くされてきた名言がありますが、和田体制に関しては試合に勝ってもブログで文句を書き始める始末だし、勝てない、つまらないサッカーが続く中で、ついにスカパーオンデマンド解約してしまいました。

ついに和田監督が解任され、ヘッドコーチの石丸新監督体制へ。石丸監督の選手時代は知らないのですが、監督にもチャントあるのいいですね。OBの監督が窮地を救ってくれるかという、短期的な期待感につられて、またスカパーオンデマンド再契約www現金なものです。

今回はCD大阪戦ということで、運営にとってもありがたいたくさん観客が入る試合になりました。
解説も、こういう時は絶対負けてはいけないと力説。もうどんなときでも負けてほしくないものです。

スタメンも大木監督初期を彷彿とさせる(ややおとなしめな)とんがりコーンズを中心に、観客もこれを待っていたと言わんばかりの熱量のこもったサッカーをしてくれました。

石丸監督も大木監督のワイド版サッカーといった感じで、素早いプレスや中盤からの崩し、闇雲に上げるだけじゃないサイド攻撃と、小中学生からずっとやってたとんがりコーンズに、宮吉と相性のいい怪童有田の献身的なプレー。磐瀬、内田の両翼も良かったし、下畠のCBも合格点。GKは現時点では清水が正ゴールキーパーでしょう。危なげないプレーとコーチング。後は怪我さえなければサンガの失点はかなり減るでしょう。

下畠のデビュー戦は天皇杯決勝。敗れはしたが、これからの活躍を期待させてくれました。その後はなかなかレギュラーをつかめませんでしたが、もともとSBとしての上下動の持久力やCBとしてのビルドアップ能力と、高さを補う才能の持ち主、移籍してしまった酒井のように(ある程度やらかしてしまっても)いつかは快速CBとしてレギュラーを取れるかもしれないですね。
石丸さんは3CBの練習もやっているので、レギュラー争いに食い込んでいって欲しいです。

試合は、電光石火のごとく、開始早々、ロングフィードを有田が競り勝ち、宮吉へ柔らかいパス、シュートは弾かれるが詰めてきた伊藤の抑えの効いたシュートが決まり先制。伊藤も解説にバイタルでのクオリティについてよく言われていました。ドリブルで切り裂いてもクロスやシュートの精度、判断が良くなかったですが、今回はそれを黙らせました!

面白かったのは、田森大己。りっちゃんに、監督に関西のおばちゃんみたいになれと監督が言ってただの、試合後の石丸監督も褒めると調子に乗るから及第点wとか、フィジカルがどうのと、色んな監督にいじられる男。でもほんとに待ってました、田森大己

今年は本当に呪われているというか、26日のヴェルディ戦も仕事。まあ18時だから一応ユニはカバンに入れていけそうなら行くけれども、次の磐田戦も19時からか。今年は観戦なかなかいけません。

若い選手が台頭してきて、そろそろ山瀬、中山といったベテランも復帰してもらってチーム一丸となれればプレーオフも見えてくるでしょう。今年の京都サンガは今日からまた再スタートです。