伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

京都サンガ雑感

FC岐阜戦を終えて

【ここまで】
最下位は免れましたが酷いものです。
岐阜戦は奥川初出場、大黒のスーパーゴールで引き分け。すでに残留争いに巻き込まれています。最近多い後半開始の交代。選手も低パフォーマンスですし、監督のいう良い準備ってなんなの?って感じですね。軸のサッカーが無いのにシステム変更多数。大黒以外で点が取れそうな雰囲気の選手がいないと、去年と状況は変わりませんね。
しかし、奥川君はキラキラしてますね\(^o^)/。インタビューで癒されます。

【和田監督】
社長の肝いりで入ってきた監督なのでしばらくは指揮を取るでしょう。大木監督が勝てない時は「選手は頑張った、俺の責任だ!」と言い切って、昇格は出来ませんでしたが、それなりの事を残したと思います。和田監督はサポーターに対する挨拶も弱々しく「良い準備をして戦います」といい、力強さがなく、サポーターへの信頼を得られていません。
自分のやりたいサッカーがあって、編成がうまくいってないからできないという部分はあるのかもしれません。ただキャンプやってこれだけ公式戦やっても和田サッカーが表現できない(表現できなくても勝ち続けるか、応援したくなるようなサッカーを見せるか)となると問題です。
守備の立て直しが急務です。相手フォワードのプレスに弱い。低い位置でのパス回しも不安定。縦パスの距離が長すぎて成功率が低い。アバウトなフィードを縦に速い攻撃と称するなど、去年より酷いDF陣の立て直しが急務です。

【大黒様・脱大黒】
大黒がアウェイで先発すると、京都に対する情報のあまりない、相手スカパー解説者は、「注目は大黒ですね」とか「今の動き出し、子どもたちも真似して欲しいですね」とかテンプレート化したことを話してくる。京都は大黒だけを見とけば良いチームではないですし、大黒のゴールだけでは残留出来れば御の字といった感じでしょう。すでにロビーニョは無得点の焦りが空回りしています。一点とれれば劇的に変わる可能性がありますが、それまでは自分のゴール>チームの勝利といった感じのプレーになってしまいそうです。有田も、高い位置での競り合いには強いですが、少ないチャンスで点が取れないので定着できません。縦ポンサッカーには重宝できるのですが。
宮吉は逆にチームにとって献身的なプレーをするが、攻撃面で物足りない印象を受けます。もっと評価されていい選手ですが、低い位置での活躍(まあ、DF陣の問題もありますが)以上にゴールが求められます。
現状は数少ないチャンスを大黒が決める回数が増えるのを期待するしかありませんが、奥川には期待大です。

【2列目】
伊藤、宮吉、和田等の攻撃的な選手の頑張りが欲しいですね。高い位置からの連動性、裏を抜くスルーパス、フォワードを追い越してのゴール等、このへんがゴールに絡まないと厳しいですね。奥川、石田、駒井と食い込める選手もいるので組合せで打開して欲しいです。
駒井のボランチとか、SBは本職に任せて、高い位置でのプレーにも期待したいです。

【DF陣】
経験のある山口、スピードのある菅沼でこんなに点取られるのかといった感じです。左のSBは内田、磐瀬、黄と固定されませんが、右は石櫃です。石櫃のクロス数はJ2で2位です。そしてロングスロー、フリーキックと多彩な武器のある選手ですが、守備は裏をよく狙われ突破され、カバーにいった選手もあっさりかわされみたいなシーンをよくみかけます。
攻撃力を活かすなら、もう一つ高い位置で起用してクロスを上げさせることに専念させてSBは内田でカバーした方が失点が防げるのでは?
カウンターに弱い、セットプレーに弱い、スピードや揺さぶりに弱いと、どこから手をつけていいのかわかりませんが、失点30点以内は監督の言ったこと。なんとかならないでしょうか?

【GK】
現在は山田が成長しています。飛び出しで失敗することもありますが、岐阜戦では後半超ビックセーブ!今シーズンはGKは誰がレギュラーでもいいと思っています。
清水ならもう少しチームを落ち着かせることができるでしょうし、経験のある土井もチームにあってくれば出場できるでしょう。山田、杉本は使い続けるしかない状況なので、どちらも守護神としての覚醒が待たれますが、まだ時間は掛かりそうです。

【最後に】
今季はまだ一度も参戦出来ていません(T_T)。今年のJ2は西のチームばっかりだあ。ということで、本当の意味での悔しさが湧いてきません。画面を通してしか見れないので、「今日も負けたの。今何位?」みたいな感じで興味が薄れています。
一度位観戦いってサポートできたら、勝っても負けてもモヤモヤは晴れるかもしれませんが。
京都にいるうちに奥川を観たいということで参戦の機会を伺います。