伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

長期投資家として、どこまで我慢できるか?

現物株の配分はもう一手間で終わります。
もし、東証一部の2銘柄が決算後、利確できるのであれば一度キャッシュに戻し、すでに投資したマザーズ銘柄への投資へ振り分けます。

◎長期投資銘柄は実質3銘柄で総資産の50%を投資します。
◎キャッシュポジションは総資産の10%を保有します。
みずほ証券で債権類を40%保有し、内27%は手は減らせない資金なので、国債社債で、一部を積立投信(ろくなの無いのでどうしようか迷う。ETFかなあ)へ。

今年10月みずほ証券国債解約後は、現物株はすでにリスク限度まで購入しているので、これというのがあれば一銘柄追加する。キャッシュポジションも確保しつつ。残りは世界経済インデックスファンドへと振り分けます。

今年の作業はこのような感じで考えています。やはりキャッシュポジションが一番の問題なのですが、後は自分の投資方針をどうするかにかかっています。

最低でも東京オリンピックまでは持ちたいと思って投資しました。勿論、倒産リスクもあるのでIR等の監視をしますが、毎回プラスマイナス何%とかの表記はしません。利確はしたくないですし、押し目を入れたい誘惑にかられキャッシュポジションをさらに減らす誘惑から離れたい。そして一連の投資熱からも少し離れたいと思います。

目安は6月と12月のボーナス時期でチェックして短信で記録します。
いつかは会社を早期卒業するぞと思いつつ笑、ボーナスを貰えたら、キャッシュポジションと世界経済インデックスファンドに振り分けます。

基本的に現物株、世界経済インデックスファンド、キャッシュポジション、国債社債(ニーサ枠で買った優先出資証券や購入予定のみずほFGの株を含む)で保有します。

勝負銘柄が自分の思う価格で利確できたら、株式投資の比率を大幅に下げ、世界経済インデックスファンドなり、その時期に割のいいバランスファンドに移行します。

長期投資がうまくいくかどうかとして
◎日々のプラスマイナスを俯瞰してみる(恐らくちょいちょい見ちゃうでしょう笑。ただし追加購入はしません。一部保険売は考えなくてはいけませんが基本的には触りたくないです)。
◎上がった下がったのブログ更新は止める(暴落して動揺しても、上昇してはしゃいでもしょうがない)。
◎加熱した投資熱から少し距離を置く(将来、早期卒業できたとしたら個人投資家として、好きなだけ研究して投資を一生の仕事と楽しみとしたいと思っていますが、兼業であるうちは、投資にかけるエネルギーを最小限にとどめる。)最近はよむ本も投資本やら、日経ヴェリタスやらと投資熱の初期症状に侵されています。読みたい本もあったはずですし、そろそろバイクシーズンですし、この年齢でやれることを最大限楽しみたいです。
◎年2回の短信で正確にチェックする(例えばこのときだけYahoo!掲示板を閲覧してIR以外の情報収集をするとか)。

長期投資家とは安い時に買って高い時に売るリズムを掴むことだとか、暴落の時に買えだとか極意的なことをさわかみファンドのおっちゃんが力説します。結構著書読んでますので笑。
たしかに5年のスパンで考えても、どこかで成長限界点が来るかもしれませんし、業績以外の理由で下落して絶好の買い場もあるかもしれません。
現物株も一度に買うより、数度に分けて買う方が、効率的なのですが、今のところ一銘柄を覗いて、限度まで購入してしまいましたし、残りのマザーズ銘柄もはやめに投資終えたいです。自分の銘柄を常にチェックして売り買いのリズムを作るのはいいと思いますが、それでも当面数年はこのままでいきます。

世界経済インデックスファンドも投資の仕方は色々ですが、積立とボーナスの収入の範囲内で投資していきます。ただ月々の積立額は少ないので折をみて追加投資していきます。投信を買うために稼ぐと思えば、少しは節約して何年かしたら思った以上に投資できてるかもしれません。この資金はできれば年金資金に回したいですね。

現物株投資が成功するかも解りませんが、分配の方針は明確になってきました。
本当の長期投資家になるのは、専業投資家になってからでいいでしょう。これ以上のめり込まず、時間を味方につけて、投資した会社の一部となって長期でリターンを得たいですね。


むらさき投資家ファンド保有銘柄

投資信託
スパークス・新・国際優良日本株ファンド『愛称 : 厳選投資』
SBI-SBI 日本株トリプル・ブルベアオープン(SBI 日本株トリプル・ブル)
世界経済インデックスファンド…積立
ETF
無し
【現物株】
非公開
東証一部4銘柄
マザーズ2銘柄
【債権】
変動10年国債
ソフトバンク社債