伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

ツイッターよりブログが好きなわけ

投資をはじめて、放置気味だったブログを再開するようになりました。
投資のこと書くと、タイトルは違えどもほとんど同じ内容というのはひとまずほっといて笑私にとってツイッターより向いていると思う点を考えてみる。

【集中と支配】
まずは、これ。ブログも一日2回とか書けば、少し時間はとられますが、集中して書きたいこと書いて見直して(それでも誤字脱字たくさんあるでしょうがorz)それで終わりです。ツイッターは、ハマると常時書き込めるようになり、依存から抜け出しにくくなります。ツーリング行くのもツイッターに書き込むのが楽しみなのかメインの行事なのかわからないほど生活の中心にツイッターがあったときもありましたね。

【思考回路】
ツイッターは反射神経、脊髄反射で頭の中に浮かんだことをそのまま吐き出していきます。事象に対して直感的に言葉がでてきますので、そういったリアル感が売りでしょう。ツイッターを辞めてブログ再開した身としては、ある事象が起きたとして、ブログで書こうかな?じゃあどんな風に書くか?とかワンクッション入りますので少し考えてから書くようになります。ツイッターのリアル感に最初はハマりまくっていましたが、後に自殺騒動やら、書き込みが元で退職、退学といった事件を見て、感情剥き出しのツイッター熱が一気に冷めました。

【知りたくない他人のこと】
最初はサンガのことやバイクのことでフォローをしていて、サンガの日常はほとんど見れないので練習見た人の情報はありがたく重宝していました。しかしフォローすればその人の全てのつぶやきが表示されるわけで、どーでもいいことや普段の愚痴など、見たくないツイートを浴びることになります。そして普段の付き合いと変わらないフォローしたけど、つぶやきを見れないようにするミュート笑があったり、ようするに編集されてない言葉を浴び続けると、精神的に良くないことだと思うようになりました。最近は知りたいことだけリアルタイム検索で見るようになりましたので、ツイッター自体は不要になりました。

【息苦しさと辞めたいのに辞められない】
フォローしている人の言葉に支配され、「しばらく投稿できなくてすみません」みたいな依存症的なつぶやきを見たりとか、ハマるとなかなか辞められない苦しさがあります。私は今年の1月にきっぱり辞めましたが、心の中では、ある事象が起こった瞬間、ツイッターではこんなことつぶやかれているんだろうなと考えます。その後一呼吸置いてブログで書いてみようかなと考えます。感情を剥き出しにするより日記を書く方が自分には向いているようです。

【頭の中を整理する】
本当は手書きにすると劇的に頭が活性化すると思います。私の父親も亡くなる数日前まで日記を書いていました。時代もあるので私は日記はブログですが、投資のことを考えるときはなんでもノートに書き殴ります。投資は成果を出したいと思っているので分からないなりにも考えるときは必死です。


人によって最適なツールがあるでしょうが、何事もほどほどが一番ですね。すっかり投資がメインになりましたが、これからもブログを続けていきます。