読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

利益20%勇気!

一時は情熱を失っていたヤフオクを期間限定で再開しました。
ヤフオクでないと捌けないものが多くなってきた(どんなブツ?)ので面倒だと思いながらはじめたのですが、今は、相手に送るまでにほとんどやりとりする必要が無いシステムに変更になり、俄然やる気が出てきました。あらかた捌いたので今月で終了します。まあ、年2回くらいヤフオクやってもいいかなと思いました。

さて、現物株ですが、4月で利確できるのは利確して一旦手仕舞いにしていく予定(年間で伸びそうなのは保有)ですが、はやくも含み益が20%に達しようとしている株もあります。3月で権利落ちがありますのでそこから戻したら20%は超えそうです。もぐらファンドファンとしては華麗な塩漬け戦術でいきたいですが、20%超えたら4月末を待たずに利確してもいいかなと思っています。

1、2銘柄ほど権利落ちを狙っている大型株があるので事前にキャッシュポジションを作っていかないといけないので、優先出資証券か短期で利確出来そうな現物株の値動きを見て置かなければいけません。

なかなか、割安で5年も10年も持っておける株に確信が持てなくて、例えばトヨタファナックといった大型株ならと思いますが、年間を通して保有するより年末から春先まで保有したほうがリスクが少なくリターンもいいらしいのでその投資法に惹かれます。

一方で現在の国民総投資体制の官製相場であれば強気で保有し続けるのも一つあります。投信はスパークスは残して置こうと思いますが、トリプルブルに迷いがあります。日経平均がどこまで上るのか?ETFでないのでブラインドの期間もありますので、利益はセーフティに取らなくてはいけませんが、4月できっちり手仕舞いするか、2万円を越えていくならそれに対応するかどうか?迷います。

とりあえず4月のいったん手仕舞いに向けての反省点は、現物株の打診買いを減らさないと。現在はついに10銘柄になりました。こんなにIRやら短信やらみてられねーぞというのもありますし、リターンも薄くなります。優先出資証券や優待目的で買ったのは除くとして、これは上がりそうだといって買ってしまうのはそろそろ止めないと。現物株は株数は増やしてもいいので銘柄は減らすことと(ただ、中期で伸びそうな株って結構あって目移りしちゃうんですよね。まだ投資はじめたばかりなので物珍しさもあるんでしょうね)、5月〜10月こそバフェットじゃないけど、自分のマークしてる株が値下がりするのを冷静に待って安くなれば夏でも買って置くのも手ですね。

投資で生活する日がいつ来てもいいように少しずつ前に進みます。


むらさき投資家ファンド保有銘柄一覧
投資信託

スパークス・新・国際優良日本株ファンド『愛称 : 厳選投資』
新生・UTIインドファンド
SBI-SBI 日本株トリプル・ブルベアオープン(SBI 日本株トリプル・ブル)
ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)…積立
世界経済インデックスファンド…積立
ETF
無し
【現物株】
非公開
【債権】
変動10年国債
ソフトバンク社債