伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

日本株投資について考える

初年度のニーサ枠を全部解約しETFも解約と少しずつ自分の考えている投資方針に近づきつつあります。一ヶ月程色々なことにトライしましたが、結局バランスファンドに全額入れておいた方がリターンが良かっただろうなあということですね。売り買いの回数が増えるほど、どれだけ利益が出てるのかよくわからなくなるし、短期でリターンを狙えるものをシッチャカメッチャカ荒らして、良くて少額のリターンを得れるだけ、思考も、短期で短期でとなっていくので投資が荒くなります。ほっといて得られるリターンを放棄して得た結論です。でも頭でわかったつもりと実感は天と地ほどの差がありますし、そろそろ方向転換を図ろうかと考えています。

現在保有している、
SBI-SBI 日本株トリプル・ブルベアオープン(SBI 日本株トリプル・ブル)は、値動きが激しいのである程度のリターンを確保しないと利確できない感じです。いずれ利確したいですが、もうしばらく保有するつもりです。
日経平均に連動したインデックスファンドを買うなら、トヨタとかユニ・チャームの株を保有したいと考えていましたが、新たに長期で保有したいなあと思える企業があります。浜松ホトニクスです。

どれかの株保有してほっときたいですが、どれでいくか?ユニ・チャームはかなり割高ですが、新興国やインドでもこれからも成長していきそうです。インド関連としても抑えておきたいです。
トヨタの日本を代表する企業として長く投資したいですが、時期は今か?
浜松ホトニクスの技術力も長く投資するに値すると考えています。

現在はJDIが唯一キャピタルゲインを狙う株になっていて、ある程度の株数を保有しています。
東洋経済の来季業績が上がりそうなランキングトップだったという理由で買いましたが、まだ上昇する余地があるかもということで買い増し、その後大口の買いが入り、ジリジリする展開が続いています。3Qの結果で利確して離すか、半分利確して継続保有するか、さらに長期で保有するか?これに関しては、唯一安値で変えたので、会社の成長を信じて長期保有しようかと考えています。余程の値下がりがない限りこれ以上の買い増しはしません。

トヨタユニ・チャーム浜松ホトニクスにしても、優待狙い以外の企業に投資する際は長期保有を前提に、大きく下落した場合、押し目買いは値段的にトヨタは厳しいかもしれません。現物株の保有は5銘柄以下がいいかなと思っていますがどれを保有するか?考えた結果、優待株以外撤退してるかもしれませんが(^^ゞ

さらに、優先出資証券を積極的に集めたいです。みずほ証券で集めてインカムでさらに買い増しできますし、SBI証券でもキャッシュで保有する分の半分くらいは、押し目買いするまで買い増したいです。もうここまできたらソフトバンク債満期がきたらさらに買おうかと考えています。

投資信託に関しては前回のブログで決めたのでだんだん固まりつつあります。本当に右葉曲折ありました。中期投資のアクティブファンドと、長期保有のインデックスファンドと積立の組合せ。2種類のリバランスが最初のコンセプトです。

単一国への投資、アクティブはどこかで利確しますので、売買回数が確実に増えることがデメリットとしてあります。
ニッセイ 外国株式インデックスファンド
ニッセイ 外国債権インデックスファンド
三菱UFJ-eMAXISバランス(8資産均等型)
の三本で行くほうが結局正解だったりするかもしれませんが、インドに投資しない損失という、むらさき投資家特有のあれもあります。理が正しいか?情が正しいか?結果はリターンでしか図れませんが、最終的には後悔しないように投資します。

日本に関する投資は初回はアクティブでいきますが、インデックスファンドに投資する予定はありません。アメリカやインドの個別株というのはさらにわからないので国に投資しますが、日本に投資するなら、個別株か、自分の納得できるアクティブファンドに投資する予定です。日本株式、日本債権、新興国株式、新興国債券、REITに関しては、基本的に8資産均等型で投資できればいいかなと思っています。

直販投信は、セゾンバンガードの積立が残っています。バンガードに投資できるのはここだけだし、積立続行します。
今後、S&P債権500に連動した低価格インデックスファンドが出た際に関しては乗り換えを考えます。ここはバフェット流でいきたいですね。

保有銘柄一覧

【現物株】
ビックカメラ
三越伊勢丹ホールディングス

ジャパンディスプレイ

投資信託
SBI証券
ニッセイ 外国株式インデックスファンド
ニッセイ 外国債権インデックスファンド
三菱UFJ-eMAXISバランス(8資産均等型)
新生・UTIインドファンド
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)
SBI-SBI 日本株トリプル・ブルベアオープン(SBI 日本株トリプル・ブル)
◎直販投信

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド…積立
セゾン資産形成の達人ファンド