伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

むらさき投資家の長期投資についてちょっくら考える

今のところ、そんな片鱗を全く見せてませんが長期投資に憧れています。あっちに投資しては利確して、はい次とまた別に投資してふらふらと、その行動から色々な教訓を得ているわけですが、自分の性格も含めてなかなかシンプルな投資というわけにはいきません。

まず、全資産のどれくらいを投資に回せるか、どの程度リスクを取れるかを考えポートフォリオを組んで、銘柄を選定するらしいのですが、まずどこの国(現物株)に投資したいかというのがあって、どの程度キャッシュを残すかだけ考えて銘柄を選定する。結果論として出来たのがポートフォリオとなる。仮にポートフォリオができたところで、それを順守してどの程度のリスク・リターンを想定するのかもいまいち?な感じです。まあ、おいおい分かればいいかなと思いつつ。

これから考えることはSBI証券みずほ証券で長期運用についてですが、今年の10月にみずほ証券国債を解約して再配分すると

みずほ証券:30%(ソフトバンク債:64%、みずほFG株:18%、債権ETF:18%)
SBI証券:60%(インド株式:34%、日本株式:10%、S&P500:51%、米国債:5%、バランスファンド積立)
みずほ銀行:10%(キャッシュ)

おおまかに振り分けました。バランスファンドにも追加投資しますし、インドの配分は現物株をどうするかで考えます。
守りのみずほ証券ですが、みずほFG株をある程度抱えた上で最低限元本を守りつつ育てたいです。債権のETFも毎月分配型等、分配金を第一に考えます。トータルの分配金を生活費に回すか、下落局面でしたら押し目買いしていきます。
ソフトバンク債も約4年半で解約ですので、債権ETFや少々株式かREITで分配金が良い物に振り分けます。

SBI証券はインドと日本のアクティブファンド2本に投資する予定が、アクティブはある程度のところで解約する局面がくるでしょう。アメリカ株式、米国債、バランスファンド積立、現物株+投資したい国があればというところでしょうか。バランスファンドの配分を増やせば全世界に投資する割合が増えるので少し余裕ができます。単一国に投資するとしてもできればETFですし、もうアメリカだけでほっとけばいいかなと思っています。

貯金も月にいくらためるというより、例えば年一でトヨタの株が買えるようにとか、目標作っていけば貯金できるかも。
良い習慣と循環が出来れば、いい結果もついてくるかなと。とにかく保有本数が増えればコストもかさむわけで、バランスファンド一本とか、全世界株式ETFと全世界債権ETFでのリバランスのみとかの方が長期的にはいいような気もしますが。まあ、経験をつんで、どこが無駄か分かるようになればいいです。

まずはやってみて考えます。

保有銘柄一覧

【現物株】
ビックカメラ
三越伊勢丹ホールディングス

ジャパンディスプレイ
ETF
iシェアーズ 米国債ETF(バークレイズ米10年国債)
iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF(ダウ・ジョーンズ米国不動産)
NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信
MAXIS Jリート上場投信
投資信託
SBI証券
三菱UFJ-eMAXISバランス(8資産均等型)
三井住友TAM-世界経済インデックスファンド
SBI-SBI 日本株トリプル・ブルベアオープン(SBI 日本株トリプル・ブル)
野村インデックスファンド・外国REIT(愛称:Funds-i)

新生・UTIインドファンド
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)
◎直販投信
さわかみファンド
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド…積立
セゾン資産形成の達人ファンド
ひふみ投信

みずほ銀行
オーストラリア株式ファンド 分配金再投資コース
MHAM物価連動国債ファンド 分配金再投資コース