伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

自分を信じて直販投信と決別してみる

本日は直販投信のお話。まあ、積立回数3〜4回の私が、やめるだの続けるだの全く説得力ない離しですが、積立バランス投信を三菱UFJ-eMAXISバランス(8資産均等型)に集中投下しようと考えています。ひふみ投信の積立も中止しました。セゾンは郵送で面倒ですが、投資の達人は中止依頼書を出しましたし、反映されたらセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの積立中止依頼を出します。
まだ直販投信は利確出来ないので、どこかのタイミングで利確して全て8資産の積立に当てようと思います。

投資の入口になってくれたことにすごく感謝してます。散漫にみずほ銀行で手数料も全然考えず投資していたころに比べたらいろいろ考えて投資する触媒になってくれました。自分を律するためにも、別口座で管理するメリットもありますが、大丈夫。なんとか糞メンタルと向き合って、SBIで積立てて、それができればポイントボーナスゲットとあれだけ嫌っていたポイントを餌にやっていきます。

もちろん、8資産も万能ではないので、今後のREITの状況や、さらに洗練されたバランスファンドが出現するかもしれませんが、自分のライフスタイルに合わせて、積立てるバランスファンドを変えることもあるかもしれません。

ひふみ投信は、どちらかといえばSBIでひふみプラスをスポットで購入して中期で利確していくようなスタイルに向いているんじゃないかと。自分が投資しようとしているジェイリバイブと同じです。ではなぜひふみプラスではなくジェイリバイブなのかといえば、中期的なら手数料を払ってもジェイリバイブのほうが有望だと思えるからで、自分が銘柄を選べないなら見つけてリターンに結びつけてくれるなら私は手数料は払いますし、思ったほどリターンに恵まれなければ次を考えます。

インドに関しては若干微妙で、SENSEXに連動したETFやら投信があれば長期で運用したいと思っています。現状糞高い手数料か、リンク債しかなさそうなので、なんかいいように証券会社にやられていますが、投資したいという気持ちが強いと合理的な世界では損しますね。

まあ、いきなりのアクティブチャレンジ。うまくいくかどうかわからないし、結局バランスファンド一本ドルコスト平均法で積立てた方が効率良かったですといった結果になろうとも、まあ、納得行くまでやってみます。

長期となれば、コストが第一になりますので、バランスファンドなら世界経済インデックスファンドか8資産かというところです。
長期の積立もやりますし、S&P500の長期運用もやりますし、分配金を意識したディフェンス重視の投資もやりますし、優待、インカム狙いの現物投資も。何が自分のスタイルに合うのか?年齢によってやめる投資もあるかもしれませんが、長く投資したいと考えていますので、じっくり構えていきます。



保有銘柄一覧

【現物株】
ビックカメラ
三越伊勢丹ホールディングス

ジャパンディスプレイ
ETF
SPDR S&P500 ETF
iシェアーズ 米国債ETF(バークレイズ米10年国債)
iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF(ダウ・ジョーンズ米国不動産)
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信 
NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信
NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 
NEXT FUNDS インド株式指数・CNX Nifty連動型上場投信
MAXIS Jリート上場投信
投資信託
SBI証券
三菱UFJ-eMAXISバランス(8資産均等型)
三井住友TAM-世界経済インデックスファンド
SBI-SBI 日本株トリプル・ブルベアオープン(SBI 日本株トリプル・ブル)
野村インデックスファンド・外国REIT(愛称:Funds-i)

新生・UTIインドファンド
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)
◎直販投信
さわかみファンド
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド…積立
セゾン資産形成の達人ファンド
ひふみ投信

みずほ銀行
オーストラリア株式ファンド 分配金再投資コース
MHAM物価連動国債ファンド 分配金再投資コース