伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

瓦解するハナ会 2015年京都サンガFCの歩き方

大木体制の3年間が終わり、さらなる飛躍と昇格を目指した昨年度の京都サンガFCは終始噛み合わず、試合後のTwitterでぶつくさ言うことが多かったです(Twitterはとりあえず、やめました)。そして、主力の流失と悪い流れになりましたが、投資の世界で言えば悪い時期こそ絶好の買い場と、たとえが投資話であれですが、あらたに京都サンガFCで戦ってくれる、監督、コーチ、選手にまずはお礼を。そして、たまの関東の試合にめげずに駆けつけ、終盤は西京極に駆けつけたくなるチームに変貌して欲しいです。

いいことはあまりなかったですが、監督の人選では、大木監督のときは、プレーオフ出場が仇となり、昇格すれば継続、ダメならどうしようという感じで後手後手に回った印象がありましたが、去年はある程度の段階で新しい監督を迎えるというコンセンサスがあったのである程度、選んで決められたのではないかと思います。和田監督のサッカーはまだ解りませんが、おそらく監督の意向を汲んで選手補強をしたと思うので、前年のように、選手を揃えた段階でお任せでは無い点はプラスです。ベテランを多く補強したのは、もちろん即戦力として見込めることもありますが、若手を積極的に使っていく裏返しと読んでいます。
抜けた主力とほぼ同じ年齢の選手を獲得して一年使うというより、戦術理解度の高いベテラン中心に前半戦をひっぱり、中盤戦からは、若手がどんどん台頭してベテランを隠し味の用に使えるようになれば、今年も昇格争いに食い込める可能性はあります(まだチームがどこを目指しているかわからないので控えめに)

監督、コーチは
和田昌裕監督
石丸清隆:川勝博康:平井直人:加藤光男コーチ

今回は参謀もいて、監督経験もあるコーチやサンガをよく知るコーチということで、短期間で監督のやりたいサッカーと選手の個性を引き出し、監督に伝えられる体制になりそうで、期待できます。

GKは
清水圭介選手が加入。守護神のオ・スンフン選手が抜けたのでポジション争いが熾烈に。生え抜き二人もそろそろ独り立ちの時が来たようで平井コーチもやりがいあるでしょう。杉本選手は去年の悔しさを力にして、山田選手もJ22や練習試合でつけてきた基礎体力を進化させて誰が出てきてもおかしくない戦いがみたいです。

DFは
レギュラーだった酒井選手が抜け、内野選手が抜け、高橋選手はレンタルと今年も苦しいやりくりが続きそうですが、山口智菅沼駿哉選手を獲得。新卒のSB内田選手、昇格の永島選手、金南一選手が加入。菅沼選手は、熊本時代にドゥトラにやられていたイメージがありますが、男子三日会わざれば刮目して見よの如くチャンスを掴んで欲しいです。サンガに来て一番伸びた森下俊選手のように期待しています。2年目の磐瀬選手、怪我明けのファンテソン選手、中山選手の復活も期待です。

MFは
工藤選手や横谷選手が抜けたのは痛いですね。横谷選手も監督変われば使いようがあると思いましたが。新加入はファンジンソン選手、和田選手、昇格の大西選手等、攻撃的MFはFW陣も含めてレギュラー争いの可能性もあるため、どの選手にも可能性がありそうです。ファン選手は実績もあり、FKにも期待できるとのこと。更に復帰の原川選手、石田選手が試合にどれくらい絡めるか。ここは見どころですね。

FWは
三平選手の離脱が残念ですね。個人でもサポーターを呼べる選手。敵になるのは残念です。しかし、きっちりダニエルロビーニョ選手を獲得と抜け目なく。さらに有田選手も加入。噂の奥川君を待つばかり。大黒選手も不動で数少ない枠を争うので、三根選手、宮吉選手もFWとして出場するのは簡単ではありません。

選手の構成を見ると、相変わらず前に重点をおいていますので攻撃的なサッカーになりそうです。ただ基本的にそんなに点が取れるスポーツではないので失点をどれだけ抑えられるか、能力は選手。戦術は監督にそれぞれ期待です。

主力が抜けても、次に出られる選手が控えていて、各ポジションにベテランを配した今年の京都サンガ。老獪に勝ち切る試合が増えれば昇格に近づきますし、その中で京都らしいサッカーが見えてくれば今年も楽しみです。

今年もバイクでアウェイ観戦とはスカパーでの観戦が楽しみです。ファン感いきたいなあ。