読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

投資メンタルが強ければ直販投信は止められる…はず

手数料も安くサービスの良いSBI証券。そりゃ、みずほ証券ならバランスファンドの手数料も高いし、とても長期で運用したいと思える環境にないのでSBI証券での運用は当然なのですが、アクセスしやすさが仇となり、売り買いの回数も増え、現物株も利益が出たら少額でも離してしまう。みずほ証券や直販投信はサイトが不便な分(もうわざとかと思えるくらい笑)ほぼ無関心となり、安定して積立に取り組める環境になります。

現物株も、ビックカメラ三越伊勢丹ホールディングス信金中金と長く持ちたいのと思っているのですが、ビックカメラを決算前に買い増して、決算発表後に最小数のこして利確とか、利確したい衝動をなかなか押さえられません。もう一銘柄欲しい優待株もあるのですが、手数料高くてもみずほ証券で買ったほうが精神衛生上健全かな。でも、貸株代も馬鹿にできず。SBIで長期保有できるメンタルが私にとっての最大の課題になりそうです。

ただ、
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも世界経済インデックスファンド(分配金が出なければ)に置き換えて運用出来ますし、ひふみ投信もJPX400に勝てなければ用がなくなってしまう。もちろん、本格的な長期投資の入口となってくれた、直販投信ですが、今では三菱UFJ-eMAXISバランス(8資産均等型)の積立に注力したい気がします。

まずは、投資の達人の積立を中止しました。直販投信の積立の残りは2本。感謝と後悔を込めて5年間積立てたいと思います。まあ、5年未満でも、大きな体制の変更等は注視しておかないと。ETFカンファレンスでも、さわかみやJPMザ・ジャパンの例を出して注意していました。どちらにしてもインデックスファンドと同等ではいけません。

むらさき投資家ファンド(仮)は大きく3本に分けて管理運営したいと思います。

?SBI証券部門
アメリカ(株式)、インド(株式)、日本(株式・REIT・現物株)への投資。基本スタンスは投資したい国への投資。なければアメリカ株式での運用をメインとする。割合としては7:2:1くらいを想定しているが、現物株を日本に含めると最大で4:2:4くらいになりそう。
運用銘柄
◎SPDR S&P500 ETFの方針…長期投資。指値での押し目買いで追加購入はここだけ。暴落時のキャッシュ確保に注意。
新生・UTIインドファンドの方針…モディ政権の改革を買います。アクティブなので中期の運用。利確は全額でいく予定。
NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信の方針…もっと安い ETFがあった気が笑。もう所定の金額を買い 付けたのでこちらでいきます。JPX400はコンセプトが好きで、国策でもあるので組み込みました。これもアクティブファンドなら、TOPIXを上回る運用を目指しますとかいえば、手数料2%取られちゃいそうだけど、低コストで投資できて実績はないが、これから代表的な指数に育ってくれれば投資したかいもあるもの。JPX:JREIT:ジェイリバイブの比率は4:5(4):1(2)くらいの予定です。
MAXIS Jリート上場投信の方針…こちらも国策を買います。2014でピークなのかそれともオリンピックに向けて更に上昇するのか。でも個人的にREITに投資するの好きですね。こちらももっと成長してほしいです。
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)の方針…自分では探せない成長株を探してもらいます。こちらも長期保有には向かないので、タイミングを見て全額売却予定。とはいえ、日本関連はオリンピックまではホールドするかもしれません。

?積立部門
メインは
三菱UFJ-eMAXISバランス(8資産均等型)の積立ではあるが、新興国の伸びしだいではセゾンや世界経済インデックスファンドの動きをみておきたい。できれば三菱UFJ-eMAXISバランス(8資産均等型)のみの積立か、世界経済インデックスファンドを加えた2本を考えたい。直販は、ボーナスから資金を捻出し、貯蓄の習慣をつけることが目的。投資のメンタルがついてきたらSBIに統合する。
運用目的
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド…長期的に見て、REITが不調で、新興国が好調となる場面も想定しておく。一応、世界経済インデックスファンドも少額投資して値動きや分配金もチェックしておき、約5年を目処に入れ替えを検討する。
◎ひふみ投信の方針・・・こちらも5年積立を目指す。手数料が安くなっても、インデックスファンドの方が安いので、体制、成績をみて継続の判断をする。
三菱UFJ-eMAXISバランス(8資産均等型)…長期での積立を想定。こちらとSPDRの2本はコアだと認識している。REIT新興国の比較もあるので、世界経済インデックスファンドも候補から外さずにしておく。どちらにしてもバランスファンドの積立は一度も欠かさず行いたい。

?みずほ証券部門
現在は国債社債で運用しているが、国債の満期を期にリスク資産に振り分けますが、みずほFG株を長期運用(まあ、才能があれば利確後の買い戻し時に売り、安くなったら買うといった芸当ができれば…やってみるか)。社債解約後は米国、新興国債券、REITETFで分配金で下落局面でみずほFGの株を買い増す。どちらにしても守り重視で。

バランスファンドなどもっとシンプルにできれば楽ですが、慣れてくればどんどん統合して、ホントの意味でほっとける自分なりの投資ができる日がくるでしょう。ほっとくといいながら、毎日のダウやら日経平均のチェックを欠かさないむらさき投資家には日々修行中。

保有銘柄一覧

【現物株】
ビックカメラ
三越伊勢丹ホールディングス

ジャパンディスプレイ
ETF
SPDR S&P500 ETF
iシェアーズ 米国債ETF(バークレイズ米10年国債)
iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF(ダウ・ジョーンズ米国不動産)
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信 
NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信
NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 
NEXT FUNDS インド株式指数・CNX Nifty連動型上場投信
MAXIS Jリート上場投信
投資信託
SBI証券
三菱UFJ-eMAXISバランス(8資産均等型)
三井住友TAM-世界経済インデックスファンド
SBI-SBI 日本株トリプル・ブルベアオープン(SBI 日本株トリプル・ブル)
野村インデックスファンド・外国REIT(愛称:Funds-i)

新生・UTIインドファンド
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)
◎直販投信
さわかみファンド
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド…積立
セゾン資産形成の達人ファンド
ひふみ投信…積立

みずほ銀行
オーストラリア株式ファンド 分配金再投資コース
MHAM物価連動国債ファンド 分配金再投資コース