読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

i-mizuhoとともに駆け抜ける来年のニーサ枠の件

本屋で新刊をみつけたので買ってみました。

今まで、手数料の高い投資信託商品の多かったみずほが、「やっぱインデックス投信はいいよね。手数料も安いし、うちもi-mizuhoってのがあってね。もう、コンセプトは楽しいインデックス投信!手数料もうちで買える投信より断然に安い!とにかく時代はニーサだよ。うちで投信やってるならi-mizuhoにぶちこんで。償還期限とかはナイショの方向で云々」といったことがわかりやすく、上品に書かれています。

まさに、投信はSBI証券にと思っていたら住民票の除票程度の問題であっさり、みずほのニーサ枠使うことになった私専用の書籍っつ!お世話になりますi-mizuhoさてさて、性格的にもがっつり利益を取れなそうな私。あと、数字弱いです。高校1年の数学で赤点とって親呼ばれたのを鮮明に覚えているくらい苦手です。解約時の履歴はエクセルに取ってますが、なんとか率やら、投信の用語もよくわからないし、これからも馴染まないでしょう。

そんな私と投信の出会いはなんだったか忘れましたが、とにかくみずほ銀行投資信託をはじめ、なんとなく定期預金より面白そうなと思い始めました。日経平均が上がれば、だいたい上がるもんだと思っていたころから色々な指数があることを知り、SBI証券口座も開設し、直接投信も申し込み(はやくもさわかみファンドは休眠状態)SBI債の落選を期に、前倒しでバランスファンド2本で積立投信を始めるに至ります。

ではなぜ投資信託なのかといえば、他のブロガーさん等は、株式やらFXやらに比べて、ほったらかしにできるとか、本業に差し障りなくできるとか多いですが、私の場合は他の投資の仕方がわからないの一点につきます!エラそうな話ではないでね。。インドに投資したいキモチはあれども、いーてぇーえふぅやらの買い方、指値??わかりません。そんなこんなで投資信託一本。今の仕事を急に卒業することにならない限りは他の投資は必要ありません。

投資信託とは信じて託すの名の通り、薄く広く投資し、ファンドマネージャーに運用してもらいリターンを狙うものみたいです。本やそれを読んだブロガーさんが、窓口の人に騙されるなとかよく書きますが、ネットで買おうが、窓口で買おうが信じて託したら後は待つしかありません。窓口に騙されたとかいいつつ5年位ほったらかしたら結構なリターンがあるかも。窓口に騙されるなに騙されるなということです。それが嫌なら、株式投資をしてさらなるリターンを狙えばいいわけで、投資信託で相手に高い手数料のを買わされたとかは(犯罪手口とかはダメですが)やはり、買った方の責任としかいいようがありません。信じて託すものなので。少なくとも私はみずほ証券の人に相談にいきますが、昼休みの10分くらいで、聞きたいことをまとめていくので騙し騙されということはないです。まあ、国債社債買ってますから、向こうもむげにはできないということもあるでしょうが。

さてさて、何を書いていたのか。。そうそうi-mizuho。インデックスファンド界の異端児シリーズ。ネット証券で買えないというだけの理由で不人気。まあ、主要なやつはネット証券でもっと手数料安いのありますけど。。でもi-mizuhoでニーサ枠は面白い!と断言できるのであります。まず、飽きのこないラインナップ。できたらインド株式インデックスファンドみたいの作ってくれればなあ。新刊本にも、最近ビジネス書ではやってるストーリーで売るみたいなブラックロックとのi-mizuho誕生秘話を載せ、年連別の参考ポートフォリオを載せ、それにあったi-mizuhoをあてはめてぶち込んでみーやというのが上品に乗っていました。まさにメガバンクが一丸となって押し込んで来ます。銀行の窓口の人が、定期預金ですとこの程度の利子しかつかないから、ぜひ投資信託へと、自分の定期預金を貶めてまでも押し込んでくるi-mizuho。なぜか嵌ってます。中毒症状ですね。

で最後に来年のニーサ枠を考案中。積立で5本くらいにしようかな。米国株式インデックスファンドは確定として。5年位のスパンなら、国内外のREITは候補だね。i-mizuho先進国インフレ連動債券インデックスも堅調に推移してるし、国内株式も鉄板かな。ポートフォリオ度外視すれば色々可能性はあるし、5本くらい買って、モーニングスターでみてみれば、それっぽいポートフォリオになってるし。自分の好きな商品をここでは買ってしまえと。高い買い物のわりには腹をくくってさらに投資の道を独自に歩んでいく所存です。