伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

2013今年最後のサンガ観戦記

国立での徳島ヴォルティス戦、はやめに行って人入るのか
心配してたら、最終的には23,266人とさすが国立という
ところを見せてくれました。

試合は2−0で敗戦。試合後にずっと倒れてたオーちゃん
が印象的でした。J1に上がるために京都に来て前所属の
チームが昇格するというのはなかなか気持ちの整理はつか
ないでしょう。もちろん、他の選手も一緒ですが。

長崎戦でのSB酒井のままでいくのかと思いきや、
安ちゃんの復活。これは染谷が怪我ということでした。
攻撃陣もさんぺーに変わって駒井くんが先発の0トップ。
前半何度か惜しい場面もあったが、特に最近は惜しい場面
を見るとすごく焦るというか、あまり好きではないけど、
ジムさんが、点を取れるときに取らないと負けてしまうと
いうことがリアルによぎってしまう。千代反田のゴールを
目の前で見せらたが、点の取り合いになる。取り返せると
思いつつ、津田のカウンターを食らう。徳島には攻撃はこ
の形しかないのに、結局シュート4本で2点。
状況はきつくなる。

あんまり良くないことだけど、幸か不幸か、国立ホームの
後ろに電光掲示板があるため、前の人がずっと後ろを
ずっとチラチラ振り返るのになんとなくいらついてしまい、
後半の応援の精彩を欠く。

攻め手を欠くサンガだが、後半は放り込み、CKと攻め込む
が、徳島のカウンターにあわや3点目というところまで
持ってかれてしまう。長崎、徳島とサイドからの早い攻撃
に苦しめられどちらも最後で防いだが、徳島は失点が早す
ぎた。しかも、2点取った後も時間を使わずに早いペースで
攻めてくる。昨年の失敗を長崎では克服できたけど、それを
徳島に当てはめようとしてうまくいかなかった。そして終了。

移籍などでいなくなる選手もいるだろうし、あの場で
会えるのが最後になるだろうということで選手を拍手で
迎える。そして、大木監督の選手は頑張った悪いのは私だを
3年聞いて帰路につく。

来年もJ2というのはなかなか受け止められないものだけど、
こういうのは時間の問題であって、来年のJ2を勝ち上がって
J1に上がらないといけない。選手には愛着があるけど、
何人かは個人でJ1にチャレンジしたり、他のチームに移籍し
たりするだろう。毎年同じ顔ぶれというわけにはいかない。
そして新しい選手も入ってくる。来年こそは厳しいリーグを
戦い抜けるチームになってほしい。
そんなチームをまた応援していくだろう。

とりあえず、今年の観戦はこれでおしまい。