『RV全米株式』で駆け抜ける投資生活!

VTIより高いリターンを得られる人は私より幸せです。

天皇杯決勝 観戦行って来ました!

明日から仕事の@本好きさんです。
天皇杯決勝戦はじめて行ってきました。いつもは年末に帰省していたのでガランとした都内も新鮮でした。

ゆっくりめで国立に到着。席はぎっしり埋まっていて、女子の決勝の後半戦でした。
前の方の席が開いていたので確保して観戦。女子はINACのペースで試合が進む。

新潟はINACを圧倒する応援で「愛してる新潟」で応戦。女子サッカーだけにもう誰かに告白してる気分。少数のINACも、こちらのドゥトラのチャントでアレアレアレ〜。
京都・神戸よりも新潟・東京の方が声では圧倒してました。

しかし、INACの選手は底抜けに明るい。チャントで踊ってたし、東京・京都のサポの前でも、勝利の報告。澤、川澄ちゃん、大野など、世界を獲った選手を間近でみれて得した気分。
INACからも「次はあなた達の番です」と盛り上げてくれて感謝。出番とばかりにINACにお返し。

今回はホームということで赤紫ユニだったけど、天皇杯での快進撃の象徴の黄金聖衣もといゴールドのユニで戦いたかったなあ。
コレオもばっちり決まって、試合開始。なかやんのゴールに絶叫し、あっという間に3失点してもあきらめず、久保君のゴールで「早くボールもどせ〜。あと2点!」と絶叫し、試合が終わってぐったりして、あとはコーケンとなんどか叫んだかな。

決勝のスタメンは秋本の出停ということで、あんちゃんがCB、コーケンはSBに入ったけど、もし、コーケンを本当に信頼しているのであれば、準決勝のように、コーケン、attkでボランチで出して欲しかった。工藤ちゃん、あんちゃんのコンビは攻撃面では欠かせないし、コーケンだと、少し落ちてしまう。ボランチはコーケン、attk、ウヨンの3人から2枚使って、attk、ウヨン共に途中交代の可能性も高い選手なので、例えば勝っていれば後からコーケンを、負けていれば、久保君との関係で駒井君のように天皇杯仕様で行って欲しかった。結局コーケン→翔吾で打開するのは難しかった。
まあ、秋本出停の段階で本職のCB内野、染谷やSBの酒井が出てこれなかったのも残念。酒井よりも翔吾の方が調子がいいと大木監督も言ってたくらいだし、控えの選手のアピールが届かなかったのか…

とはいえ大木監督のコメントのどんどんハードルが上がっていくという、なんとなく反町監督みたいなコメントを聞いていてほんとによく頑張ったなあと、
山形戦で2失点したときは、天皇杯も終わったと思っていたし、鹿島、湘南、横浜と毎回強敵との戦いを勝ち抜き、宮吉、森下も調子悪そうなコンディションのなかで、精一杯のフォーメーションと戦術と選手のイマジネーションで立ち向かったけど、残念ながら4-2のスコア通りの実力差をつけられての敗戦。

そんな中でのなかやんの「天皇杯で勝ち上がったことよりも、今年の昇格に失敗したチームだということを忘れてはいけない」というコメントに次のシーズンの決意を感じた。選手の中では優勝しなければ早く負けても一緒という人もいるけど、リーグ戦だけでは得られない、こんな4万人の中で戦ったことはほんとうに大きいことだと思う。

悔しさもあったけど、天皇杯決勝の雰囲気は真剣勝負の中にお祭り的な要素もあり、毎年どのチームがでても観戦にくる家族連れや、他サポ、ハーフタイムで表彰された松本山雅の選手のサポ、女子の決勝の後に残って観戦してる人など、試合自体を楽しみにしている人がたくさんいた。
点差はついてしまったが、京都の若手久保、宮吉、駒井、ウヨン、翔吾や、「もう一度観たくなる」大木サッカーがいろんな人に観てもらえたことは大きいよね。

思い入れのあるコーケンともおそらくここで一区切り、戦力外を受けてからの方が、チームにとって重要な選手であることを再認識させられた選手。
だけど、準決勝の120分の激闘と決勝戦をみたら、欲しいと思うチームはきっとあるんだろうね。
もし同じカテゴリーだったら、同じポジションの選手を押しのけてでもレギュラーとって西京極に乗り込んできて欲しい。サブの選手紹介でパラパラ拍手して終わりくらいの選手じゃないはず。

あんまり観戦いけなかったけど、いつもより長いシーズンが終わり、これからは選手の出入りで一喜一憂する季節です。
去年はあまり手腕を発揮する時間もなかったけど、祖母井GMに期待して寝ます。

3位 山羊座

★今日の運勢
音楽や芸術など創造的なことと縁が深い日です。上質の文化に触れることで心が豊かになり、向学心や好奇心が高まるでしょう。DVDを借りて映画を観たり、部屋でCDを聴くだけでも気持ちが変わるはずです。

★今日のラッキーワード
サボテン