伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

悼む人

最近読了した本に「悼む人」があります。人から借りた物なので、なるべく早く返そうと集中して読みました。

構想から七年の超大作ということでしたが、いまいち、世界に入れ込めませんでした。
静の主人公と動のその他人々といった感じで主人公があまり、はっきりと浮き出てこないところがダメかなと。

主人公と一緒に旅をする奈義さんのパートは面白かったが、やはり、主人公と絡む三人がほぼ均等に登場するため
一人ひとりがもう少し主人公に食い込めてない感じがしました。もう思い切って、奈義さんとの絡みオンリーで行った方が個人的には楽しめました。

主人公がなぜ悼むのか?悼むことの深さをもっともっと主人公から発してもらいたかった。

そんなわけで、オススメ度は
「やっぱ超大作はチェックしとかないとレベル」
でした。

悼む人/天童 荒太
¥1,700
Amazon.co.jp
本