米国株投資と京都サンガF.C.と…

米国株に投資しながら京都サンガF.C.を応援中!

依存を感じたらさようなら…

巣立ちの時来る!

昔、TwitterのIDを削除したきっかけは依存を感じたことと、京都サンガが負けたときに脊髄反射的に投げつけてしまう暴言。

人として抑えられていた感情をすぐに吐き出せてしまう装置がいやになったからです。

ブログはいったん文章にしてから一息置いて見直して(その割によく間違えるが…)投稿するため、Twitterほど直接的にぶつける感じではないので私は好きですが、アクセス数とか、アフィリエイトとか、もともとテレビの広告が見たくなくて投げ捨てたのに、またそんなのがむき出しの世界に顔を出すのは場違いかなと思い始めた。

投資方針定まる!

長らく迷走していた投資方針も

・投信工房×世界経済インデックスファンドの毎日積立

・VTの毎月積立

SBI証券×世界経済インデックスファンド(100円毎日積立)

松井証券×1557スポット購入

と決めました。重要度が高い順に掲載しました。外国ETF買うのやっぱ面倒とか、1557スポット買いするたびに株価見えるのやだからとかになってしまっても、投信工房の積立を止める理由はありません。管理が面倒ならこれ一本でもいいかなと思っています。

現状6月のボーナスまではすることないので、そこまでは投資ブログは辞めようと思います。

まずはブックマーク外しから…

投資に関する情報関連を削除しました。残っているのは、

・日々の値動きについてほとんど言及しないカンチュンドさんのブログ

・「日本の投資家の皆さまが成功する投資家になるためのバンガードの4つの基本原則」がみれるところ

の2つだけにしました。

証券会社関連は一つにまとめて普段開かないフォルダに封印しました。

それでも開いたら証券会社関連も削除しましょう。

ダイエットの初期段階に似ている…

ダイエットはじめたころ、ご飯食べても腹減った状態でしたので、コンビニ行ってカロリーメイト食べてた時期がありました。

それを辞めれたら加速度的にダイエットに成功しました。

まあ、生活の乱れを感じたら、依存している部分から離れてみるとうまくいく。ブックマークをごっそり外してみる。

わりかしPCですることが減っていいかも。

しばらく投資ブログはいいでしょう。

次回の戦略会議は6月に!

ボーナスとマネックス債が償還されるので、各証券会社に配分してまたしばらくは放置します。

結局方針さえ決まればやることはあまりないはずなので。

まずは、核になる投資を確立すべく投資方針をパクりまくったブログから距離をおくことにします。

京都サンガや日常思うことは続けます(ブログ村Ping代理送信は押さないようにします)。

たまには投資のことも書くかもしれませんが、でもとりあえず一段落。

投資に依存しない人生を!

 

 

 

 

投資方針チェック!こんどこそ?いつもと同じ?

f:id:keita-sanga86:20180328235951j:plain

各種部門をチェック

3月も終わり、投資方針も固まってきました。そこで各部門をチェックしながら投資方針の再点検。ゴールはひたすら長いです。それに耐えられる戦略を今日もひたすら考えます。

投信工房×世界経済インデックスファンド(毎日積立)

新興国債券をいーまくからiFreeに変更しました。いつのまにかiFreeも取り扱っており、iFree自体あまり好きではないのですが、信託報酬を考えると背に腹は変えられません。これにより信託報酬は0.1731%になりました。

SBI証券でのポイントを捨ててでも、投信工房を選択したのは、長期投資には秩序ある積立が必要であり、オートリバランス機能は私にとっては必須だと思うからです。

副次的ですが、バランスファンドで買ってしまうと、なにが上がってなにが下がったか良くわからない感じでしたが、6本の値動きがわかるので世界経済の動きが実感できます。

リートは不要ですが、やはり株式50:債券50で持つのが私には合っていますので、すべての投資を一本に絞れと言われればこれにします。

そのうちSBI証券でも同じような機能を搭載するでしょうから、そうなったらその時考えます。

SBI証券×VT(毎月積立)

本日約定して、これから毎月積立していきます。毎日買いたい私としては毎月のペースは遅く感じてしまいますが…ETFの性格上しかたありません。

ジェイクールを買っている身としてはVTでいいやという境地に立つのは5年~10年かかるでしょう。VTからはじめる配当金生活。これはこれで楽しみです。

積立NISA×RV全米株式

こちらもRV全世界株式にしようかと思いましたが、米国独り勝ちのシナリオも捨てきれないので20年じっくり全米株式を育てます。

松井証券×1557

サテライト的な立ち位置で、買いたくなったら買うスタンスで。30000超えたらおいそれとは買えませんが。目標はRV全米株式とあわせて1000万円。つまりは200万買えたらいいんだけど…

さらに余裕があればBLV(債券)も買いたいです。VT優先ですが、株式が低迷する時期もあるでしょうし、配当も増やしたい。ジェイクール次第ですが。

控えめなリターンと配当も少々。そんな運営がぼやっとしたイメージです。

 

 

 

VT×「米国株式・ETF定期買付サービス」はじめるよ!

f:id:keita-sanga86:20180310224031j:plain

銘柄は当面VT1本で!

ついに「米国株式・ETF定期買付サービス」の設定スタートしましたね。投信のようにETFが買える時代になりました。

淡々と手動積立できる人は不要でしょうが、長く定期的に積立ていくなら自動積立は欠かせません。相場観よりオートマチックなシステムを構築した方が長く続けられそうです。

まだ、米国ETF買ったことがないので、試しに12日にVTを1口買える設定をセットしてみました。

ノーロードってわけにはいかないので、実際の積立はある程度まとまった金額をセットしなくてはいけません。

これも、そのうち最低積立金額何円、何ドル必要って誰かが計算してくれるでしょうから、それを元にどれくらいの金額を投資するか考えます。

銘柄を決めた理由

投信のように100円、1,000円から買えますというわけにはいかないので、毎月、手数料負けしない設定をする必要があるため、何本も手を出すのは面倒(無理よね。金額的に)だということ。

松井証券のようにポートフォリオ組んで、金額入れられればいいけどそれWealthNaviだしね。

本当ならば株式50:債券50で組みたいけれど、今の総資産とリバランスの手間を考えたらVTを積み立てていき、金額が積み上がって、配当で債券を買えたら買っていこうかと。まずはVTで橋頭堡を築きます。

全米VS全世界

これから、10年~20年のスパンでどちらに投資し続けた方がリターンが大きいですかといわれれば全米だと思います。

全世界の「これから中国・インドが~」「新興国の躍進が~」みたいな意見も説得力がありますが、逆に今後ますます、アメリカ一強の世界になる可能性もあります。

街を歩けばAmazon一色の世界が待っているかもしれません。なんか嫌だけど。

今栄えている国(そもそも20年後の国の概念もどうなってるかわかりませんが)は必ず衰退するイメージがありますが、それが私が生きている間なのかすら確信がもてません。

日本も衰退しない未来

私自身、日本に投資し続けたいかと言われればしたくありません。成長し続けるイメージがないですし、株式と日本(資本主義と日本)って相性良くないのかもしれません。

VTに投資したら資産が倍になりました!となった時にVTIなら3倍でしたみたいな未来が見えている予感しかありませんが、積立はVTに決めました。

どの国のイノベーションも次の世代が中心になります。今の私の感覚でものを見ていたら、逆ホームカントリーバイアスの罠に落ちるかもしれません。まあ、せっかく全世界の株式が買えるんだし、くらいが一番の理由ではありますが…

VTでいいやはやめる!

「迷ったらVT(VTI)にしとけ」とは色々なブログでいわれていますが、じゃあ、VT(VTI)メインで長続きするかどうかは別問題です。配当やらスマートベータ、組成しようと思えばなんでもできてしまう金融工学の世界。銘柄選びも迷いますね。

私もi-mizuhoからはじまり、毎月分配型投信、アクティブファンド、インデックスファンド、個別株と色々買いましたが、一番楽なのは、松井証券×世界経済インデックスファンドです。ビジュアル的にもきっちり配分に合わせて買い付けてくれますのがグラフでわかりますので、辞め時がわからなくる感じです。

VTと世界経済インデックスファンドのコンセプトも時価総額GDP比と違うので、この2本を買い付けるのも若干違う気もしますが、どっちも好きなのでこれはこれでありです。

ようやっと戦略らしきものが見えてきた!

積立部門

松井証券×世界経済インデックスファンド(毎日積立。遺産も毎日積立て12月に利確してみずほに戻す…結構面倒)。

・VT×「米国株式・ETF定期買付サービス」(毎月積立。金額検討中。これで配当金も貰えるね)。

SBI証券×世界経済インデックスファンド(ラテマネー的なものの節約の意味と松井証券で世界経済インデックスファンドを無償トレースしている罪悪感も含めて100円毎日積立。別名顧問料)。

積立NISA部門

・RV全米株式(すっかり忘れてましたがサブタイトルは『RV全米株式』で駆け抜ける投資生活!でしたね)。

サテライト部門

松井証券×1557(これ以外の投信はVTの積立資金に回そうと思います。ジェイクールで資金が増やせれば積立が楽になるけどどうなるか)。

大まかに分けたらこんな感じでしょうか。積立に注力しつつ臨時収入は1557に入れていく感じです。

まわりまわって、私にとっての最適解は世界経済インデックスファンドとVTになりそうです。

まずはVTの積立のしかたをもう少し考えます!

 

「米国株式・ETF定期買付サービス」について考える

f:id:keita-sanga86:20180307193225j:plain

これが出来たら戦略が一変するなぁ…

PRTimesでチェックしたものですが、SBI証券で10日から「米国株式・ETF定期買付サービス」がはじまるとのことで、この手のサービスは今のところWealthNaviのような形しかなかったので、金額指定で海外ETFが積立できるのであればぜひとも参加してみたいです。

ETFの難しさは自動積立出来ないところにあり、1557も不定期(気分)な買い付けとなっていて、長期的に投資していくのであれば買い付けは自動が私にとっては望ましいと思っています。

おそらく、投信工房のようにポートフォリオを組んでその比率で買い付けてくれということはできないのでしょうが、例えばVTを日付けや曜日で買い付けることが出来るようになり、投信買うよりもアドバンテージがあるように思います。

こんな感じで買いたい…

投信工房×世界経済インデックスファンドのときは自作のポートフォリオはしないといいましたが、いざETFが自動積立できるのであればこんな感じでもいいかな。

VT…30%

VYM…20%

BND…50%

自動で買い付けてくれて配当ももらえるシステムが構築されれば自分の戦略もついに終盤を迎えられそうです(何度も破綻しましたが…)。

・投信工房×世界経済インデックスファンド

松井証券×1557

SBI証券×米国株式・ETF定期買付サービス

SBI証券×積立NISA

の4本立てで。詳細はもっと詳しい人が説明してくれるでしょう。

今は期待するのみです!

鳳翼天翔ジェイクール!

f:id:keita-sanga86:20180303000253j:plain

もはや四文字熟語でもないが…

全世界株安のなか、柳に風ばりにやり過ごす、我が最大の投資先のジェイクール。ダウ・日経がやられようが最小限でかわしつつ、反転の機会をうかがっています。

長らく購入申し込み中止だったジェイクールですが、ついに、3月6日より購入再開が決まりました…が、しかし、今買うのは微妙です(本日18031円)。

2月14日に16035円を叩いてRSI20にギリタッチくらいまでいって現在まで上昇しています。

おそらく来週の相場も下落を見込んでいるのですが、最低でも17000円は割って欲しいなと(割らないなら上がり続けて!)。

前回の下落で135億くらい資金流出しているなかで、すぐ申し込み停止にはならないと思うが、無理して買い増したくない。いやでも少しは買いたいなと。うらはらですが、地合いの悪い中、買い増しを狙います。

一時の勢いはなくなった高コストアクティブファンド。買いたい人はどれくらいいるのだろうか?私は買いたいけど…

投資信託の教科書

カンチュンドさんは、バランスファンド積み立てとけや派(松井証券でやってますよ!)インデックス派は手数料重視で(いーまくslim買ってます!)アクティブファンドならひふみ投信(たまに買うけど、すぐに売る!)、と試行錯誤して色々投資しています。

アクティブファンドに関しては確かに、長期ではインデックスファンドに勝てないかもしれませんが、ある期間であれば勝機もあるかなと。ジェイクールに一縷の望みを託し(そこまで切羽詰まったわけでもないけど)、これでだめなら松井証券×世界経済インデックスファンドと1557で悟ります。

はじめてのドル転×2

円安といったら120円。円高といったら80円くらいのイメージですが、さて105円台はどっちでしょうということで、前回の106円台に続き2回目のドル転にチャレンジ。

意外とあっさりできたものの、なんのETF買いたかったんだっけと思っていたら、今のところ特にないと思い直し、ただドル持ってるだけになりました。

こんな時こそ米国債と思ったのですが、BNDだったら75ドルで買えば、ずっと持ってても失敗しなさそうということで、ここまで来たらねばって記念にBND買おうかなと。

やっぱり私は投信の方が相性が良さそうなのでETFは控えめに。VYMをひたすら買い集めるのも魅力的だけど…

もう少しあがいてみて、あきらめがついたら松井証券×世界経済インデックスファンドの自動積立をメインに余裕があれば1557を買い増してくらいに落ち着けば、私の投資はきっと成功しそうな気がします。

今は気が済むまで失敗して、あきらめがつくまであがきましょう。

鳳翼天翔ジェイクール!

 

まだまだ続きます、ジェイクールシリーズ。

 

keita-sanga86.hatenablog.com

 

 

keita-sanga86.hatenablog.com

 

 

keita-sanga86.hatenablog.com

 

 

堅忍不抜ジェイクール!

f:id:keita-sanga86:20180227212258j:plain

調整襲来!なぜか鉄火場東証マザーズ

昨年末から投資をはじめたジェイクール。その後順調に10%くらい上昇しました。一気に資金流入したため追加購入が締め切られるなどはじめての体験でした。

その文章に記載された魅惑のワード「当該ファンドにおける付加価値のご提供」に魅せられ、上昇気流に乗りつつあったときに米国金利上昇にともなう調整がはじまりました。

まあ、そういうこともあるんだろと思っていたら、真っ先に資金を引き上げられたのは東証マザーズ

「え~。こっちが投資してるM&Aキャピタルパートナーズとか関係ないじゃん」とは思うのだが、落ちるスピードは世界一。最強の鉾のみ装備したジェイクールは真っ逆さまに買値を下回っていきましたとさ。

カッコつけて、暴落を買うぜ!

アクティブファンドは銘柄選定をしてくれる会社を信じられるかというところが肝で、その点エンジェルジャパン・アセットマネジメント株式会社を信頼して購入したのでホールドを選択しました。

残念ながらリターンの望めないアクティブファンドの逃げ足は速く純資産389億が257億へと激減しました。

だが、ジェイクールなら暴落を買えると思っていたのですが、追加購入中止が解除されるわけでもなく、ただただホールドの日々。こういう時に買えないのはつらいですね。

結局ジェイリバイブと1557を買いましたが、ジェイリバイブは口数なので高い…そして戻りも遅いと不満もありますが、今回の下落で拾えた数少ない銘柄でした。

戻りは見事!

本日現在で18148まで戻ってきたジェイクール。1月4日の時点で16998ですので、あっという間です。

もう買い増しできなそうなので、「去年の4月しか買い場がなかった相場」を期待したいところだが、今年は厳しいかな。

RV全米株式を少し売却したため、現在は一番の投資額のジェイクール。

どこで手放すかは考えておかないといけないが、まだいけるところまで突っ込む感じかな。意外と長いお付き合いだったりして。そしてまた下落に揺さぶられたりするのかな。

魅せてくれ「付加価値のご提供」!

全ての指数をぶち抜いて!堅忍不抜ジェイクール!

 

四文字熟語シリーズとともに。

 

keita-sanga86.hatenablog.com

 

 

keita-sanga86.hatenablog.com

 

廻せ!世界経済ルーレット

f:id:keita-sanga86:20180222203335j:plain

動き始めた自動世界経済インデックスファンド

投信工房×世界経済インデックスファンドの毎日積立が始動しました。すでに4弾目を打ち出し、昔の感覚が戻ってきました。

毎日決まった金額をこちらが設定した配分に合わせて投資してくれる。やはりこのリズムは崩すべきではなかったです。

6月にはSBI債が償還されますのでそちらも世界経済インデックスファンドに振り分けていきます。

また、毎日買いまくる日々がはじまります!

不安を残す松井証券×1557

とっちらかっている投信もいずれかはこの2点に集約したいと考えています。

ただし、すでにRV全米株式にも投資しているので手間をかけないのであればこちらも自動積立の設定をすればその方が楽です。

例えば1557は目標金額を決めて買い増していって、積立は投信2本にしてもいいかもしれません。

暫定目標はとりあえず2点。

・投信工房×世界経済インデックスファンドの積立を続ける

・しばらくは松井証券×1557を不定期に買っていく

後は積立の原資をジェイクールやリバイブで稼げればそれを積み立てに回せますが、前提が結構ハードなのでじっくり待ちましょう。

ETFを手動で積み立てていくのは多分忘れたりとか、ムラが出来てきそうなので、下落したら買うでいいかなと。やはり長期は自動積立の方が私にはしっくりきます。