読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

究極の世界経済インデックスファンド(株式シフト型)を目指すには

f:id:keita-sanga86:20170326234900j:plain

脱債券王への道・再び…

前回に掲載したときとほとんど比率は変わりませんが現在の総資産の割合はこんな感じです。

・預金・現金 10.8%

投資信託  50.7%

・債券    38.5%

投資信託は世界経済インデックスファンドがほぼほぼなので半分が債券になります。

・預金・現金 10.9%
・株式    25.5%
・債券    63.6%

と総資産の6割強を債券で保有しています。投資信託を買っている割に株式の比率が結構低いです。

債券は、国債あり、社債、先進国・新興国債券と様々ですが、これ以上世界経済インデックスファンドを買い増して債券を上げていくより、松井証券の積立に注力して株式の比率を上げているところです。

積立NISAのからみもあるので…

2018年からの積立NISAはなんだかんだで、世界経済インデックスファンドにするとして、今のペースで松井証券の積立を続けて行って投資信託内の比率、株式75:25を目指すとなると、それこそ10年くらいかかりそうな勢いです。

じゃあ10年やってみようかな

私の中で投資信託の核に世界経済インデックスファンドをおいておくことがしっくりきてるので、信託報酬の値下げは他人にお任せで、しばらくはホールドしておきます。

松井証券は投信を毎日買っている状況が欲しいという、超心理的欲求のためというのもありますが、資金を用意して、積立を続けられていれば日々の生活も安定しているだろうと思い、私のバロメーターとしても機能しています。

もう世界経済インデックスファンド(株式シフト型)が完成したら積立止めてもいいんじゃないかと思えるまで毎日積立続けます。

 

 

 

まるで金縛り…消極的バイホ戦術

f:id:keita-sanga86:20170324214043j:plain

暴騰?暴落?どっちを望むか

暇な日にこんなことを考える…

例えば、世界経済インデックスファンドが18,000を割ったら追加投資しようと思っていて、なおかつこれから22,000に向かうより18,000に向かう可能性の方が高いんじゃないかと思っているが、すっきり利確して、18,000を割るのを待つ確信もなく(利確したら上がっていくよな)…でも18,000割れで止まる確証も無いし。

なんか仕掛けようとするけど、できることもなく。

ならば松井証券はどうか

松井証券の毎日積立も5年くらい毎日マイナスだったら積立甲斐もあるんだけど、プラスになったら高値掴みだもんな~。かといって買いを一日たりとも止めるでもなく…

だいたい、暴落きたら一括投資してる世界経済インデックスファンドが足枷になるし、ほどよく上がって下がって最後に上がってくれればすることなくって言うことなしだけど、どうなることやら。

ならばNISAで一発ねらう!年末の海外旅行費

今年のNISAは一括投資。目指せRSI20割れ!(いまだにこれしか知らない…)本日もいい感じで落ちてきていますが、狙うのは夏場かな。去年もワンチャンスあったし。結局、夏を待ち、とくに買い場もなく何もせず。だったり…

妄想投資…そこで動けるかどうか

結局、松井証券で積立続ける以外にこれといった戦略はありませんが、続けていくには、これからくる妄想投資とどう付き合うかだね。動いたら勝ちの局面もあるし、負けることもある。

ここのコントロールだけは他人をパクれない。

後悔のない判断と人生を!

 

 

投資はやっぱり趣味であるがお仕事でもあったりして

f:id:keita-sanga86:20170320214335j:plain

松井証券の毎日自動積立が約3ヶ月経過。

現在松井証券では

・たわらノーロード先進国株式 60%

・たわらノーロード新興国株式 30%

・三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 10%

の割合で投資しています。世界経済インデックスファンドの割合を模して、リバランスを行った時にこちらも割合を変更します。

たわらノーロードTOPIX松井証券で買えるのであれば変えてもいいかなくらいなくらいなことくらいで、今のところ動きはありません。

 

今のところの運用成績は

新興国株式>先進国株式>日本株

の順になっていますが、こればっかりはどんな形でゴールするのか検討がつきません。株100%で投資していくなら毎日自動積立で止めずに駆け抜けていくスタイルが私にはあっています。

まずは目標は8~10年間はこのスタイルを変えずに続けていくことです。

世界経済インデックスファンドはどうする?

まずはマネーフォワードで資産チェック。

・預金・現金 10.78%

投資信託  51.09%

・債券    38.12%

性格的にキャッシュで保管するのが苦手で、なにかしら買いたくなってしまう性格のため、社債などを買って債券の割合が結構大きいスタイルです(固定債券の割合は33%くらいです)。

世界経済インデックスファンドはここ半年のトータルリターンが9.82%プラスでしたので投信の割合が少し上昇しました。まだ松井証券の投信の割合はSBI証券の2%程度ですので、ほぼほぼ投信は世界経済インデックスファンドです。

 

世界経済インデックスファンドの信託報酬の値下げがなさそうだと思い、比率を落として松井証券に回そうかと思いましたが、それも面倒なのでしばらく放置します。これ以上の買い増しも考えていません。

NISAの投資法について

今年は夏場あたりにでも投資できるタイミングがあれば使いますが、積立はしません。

来年からの積立NISAを選択する予定で、できればバランスファンドで保有したいです。

世界経済インデックスファンドか、信託報酬の安いバランスファンドか、時間はあるので柔軟に考えていきます。

お仕事としての投資信託

仕事と平行しての投資はまだ趣味の範疇だと私は思っていますが、退職したりした場合、稼ぐ方法は投資しかないと思うとお仕事でもあるのかなと。

貯金するのは苦手ですが、ここ8~10年の積立がきっちりできれば人生の選択肢ができてくるかなと思っています。積極的にアリリタを考えているわけではありませんが、アリリタできる環境は最低限、作っておかなければいけません。この意味において積立を続けるのは私にとって大切なお仕事のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小沢健二 YouTubeで消費できない音楽

f:id:keita-sanga86:20170319201948j:plain

一ヶ月ぶりの復活!

仕事が忙しいだの、わざわざブログでいうこともありませんが、この一ヶ月間なにをしていたかと言えば「小沢健二」に振り回されていました。

19年ぶりに「流動体について」をリリースしテレビ出演もするとのこと。

「僕らが旅に出る理由」「ラブリー」等、いまだにipodに放り込んでRUNNINGの時に聞いていました。

その後の活動は環境系の音楽には興味がなくなり、いわゆる「オザケン」的な音楽だけが好きだったので、久しぶりにMステをネット動画でチェックしてみると、かなり無理めな裏声を上げて、昔の「オザケン」的な感じで復帰してくれました。

もしカップリング曲の「神秘的」で復帰してきて、年相応な雰囲気だったらそこまで関心なかったですが、体型も維持しつつ、「オザケン」を再び表現して、TVやフェス、ラジオにもでると聞いて、この一ヶ月間はほぼほぼ小沢健二をチェックしていました。

小沢健二電気グルーヴ

人生で一番聞いた曲は電気グルーヴの「N.O」で次は「僕らが旅に出る理由」です。電気グルーヴは今の曲はほとんど聞いていません。彼らのいう、伝統芸能としての「N.O」だけがずっと残っています。小沢健二もおそらく「LIFE」で終わった人でしたが、再び「流動体について」ひたすらオザケンを聞きまくる日常が帰ってきました。

 

小沢健二で検索すると、Twitterでもブログでもみんな饒舌に、詩的に語りたがるw

「流動体について」の歌詞の行間を読んだり、政治的発言とか結びつけたり、結局本人はただ歌ってるだけかもしれないけれども、回りがああだこうだと解説したがるのを面白く読みました。

YouTubeで完結する娯楽

最近は面白そうな娯楽はYouTubeで見て、それ以上興味を持つこともなく完結していました。一通り動画みたら満足してしまう感じです。

今回は久しぶりにタワレコ行ってCD買ってきました。

日常に帰ってきた小沢健二に振り回される日がまた戻ってきました。

 

 

 

「いーまく」なんちゃらって、まちゅい証券では買えないの?

f:id:keita-sanga86:20170211215328j:plain

俺はただ先進国株式が買いたいだけなのに…

eMAXIS…声に出して読んだことないけどイーマクシスと読むらしいです。eMAXISと出て来ると、心の中では「いーまく」と読んでいました。

ちなみに世界経済インデックスファンドは心のなかで「せけいいん」と読んでいます。

ここまで一言たりともどーでもいいですね。

eMAXIS Slimが先進国株式で0.1%台に足を突っ込んで登場!

たとえどんな思惑があるにせよ、各社ローコストのインデックスファンドが登場してきたことはいいことだと思います。

新規でインデックス投資はじめる人ならば、たわら、ニッセイ、eMAXISあたで買い揃えていけば、一昔前でなかなか実現できなかったローコストで保有することが出来るようになります。

まるで、Docomoが新規加入者にのみサービスが厚いがごとく、TSUTAYAが街のレンタル屋を駆逐するがごとく、eMAXIS 先進国株式インデックス保有者をとりあえず置いておいての新規設定です。昨年の10月から資金流出が続いていますので、流出の受け皿としての機能もあるかもしれません。

どちらにしても、先進国株式のインデックスファンドを0.5%台で新規設定はできないという共通認識はできてきましたので、これから投資する人にとっての環境は整いつつあります。

どうした?まちゅい証券…

しかし、松井証券(本文だと漢字に戻っちゃうのね…)がスタートラインナップに入っていないのはなぜなんだろう。投信工房のコンセプトにあってる気がするんだけど…

投信工房を引っさげて、いつかSBIとか楽天とかもぶち抜いていくんじゃないのか?そんな業界全体に対するソリッドな感じ、なんとなくわかります。俺もそういうところあるし。

だからこそ、投信工房でもラインナップしてほしかったけど、まだこれからかな。「iFree」なんかもラインナップしてくれるとダウ投資もできるようになるから、先進国株式50:ダウ10:新興国株式30:国内株式10なんて組み方もできるからあわせてお願いしたいところ。

世界経済インデックスファンドの受け皿どうしようか…

eMAXISも8資産均等型のバランスファンドに言及がなかったですので、おそらく世界経済インデックスファンド自体の信託報酬が下がる可能性は低いと見ています。

コストだけを考えて投資先を変えるとすると、先進国株式なら代替え先の選択肢はたくさんあるのですが、バランスファンドはコンセプトごと引き継ぐとなると8資産→iFreeはありかと思いますが、世界経済インデックスファンド→iFreeは違うかなと思います。少し面倒です。

ローコストのくくりでは置いて行かれてしまいましたので、このまま保有していくか(資金流出入もチェックしつつ)。毎年松井証券の積立に移していくかは考えておく必要があるかなと。

頑張ってね、まちゅい証券…

後、土日のメンテ長くないっすか?いや…ログインする回数減ったのでそれはそれでいいですけど。でも投信工房のコンセプトはいいと思います。頑張ってSBIや楽天をぶち抜いていきましょう!

 

 

投信工房には「観葉植物」的な面白さがある

f:id:keita-sanga86:20170209223104j:plain

何度見返しても利益が増えるわけではないけど…

「観葉植物」とは「ただそこに置き続けるだけで、よい」とカン・チュンドさんが投資とのほどよい距離を言い表しています。

私も基本的にそう思うのですが、投資方法に関しては割りとアクティブなスタンスで、とにかく毎日買って買って買いまくっています。とにかく買うことを止めたくないんですね。

毎月積立しても効果は同じかもしれませんが、毎日買い続ける方が当ファンドの心理的スタンスに向いていると思い、自動で毎日積立出来る松井証券の投信工房を利用しています。

チェックするのは、目標比率に対する保有比率。現在は…

  • 先進国株式60%
  • 新興国株式30%
  • 国内株式10%

に設定して買い進めています。結構まじめに比率に近づけるべく頑張ってる感がでています。

ポートフォリオがグラフ表示で見やすいですし、リターン、リスク、信託報酬も表示され、少しずつ自分の組んだポートフォリオに馴染んで行くような感覚があります。購入価格も1円単位で、目標比率に近づけるべくベストを尽くしてる感じがなかなか良いです。

今はただただ積立てていく時期なのでポートフォリオが成長していくのを見守りつつ飽きずに、アクティブに買い続けます。

積立てのペースを上げるかどうか迷うところ…

現在の積立ては年二回のボーナスや社債のクーポンをプールして積立てに当てています。

可能であれば倍の金額の積立てを行いたいくらいですが、それをやるとなると、世界経済インデックスファンドをラダー式に取り崩していき、一昔前のリレー投資のような形にしていく必要があります。

世界経済インデックスファンドもじっくり積立てるべきかなと思いましたが、ギリシャ、中国、イギリスと去年はショックといわれたときに買い増してましたので、あっという間に一括投資と同じくらいになりました。3分の1位は比率を下げて積立てに回してもと思っているのですが、効果があるかどうか悩みます。

セルインメイで見極めて…

5月までに22,000~23,000に急騰していくようならば、積立代を稼いだと思って利確しても良いかなと思います。下にいくようなら選択肢はありませんが…どちらにしても投信工房でポートフォリオを育てていくことに軸足をおきたいので無理するかどうかしばらく見極めます。

ブランドストーリーは聞き流す…

松井証券投資信託に関しては昔色々あったみたいで、それをバネに良いシステムを引っさげて登場してくれました。当ファンドは、今良い物しか見てませんのでブランドストーリーやヒストリー的なものは聞き流してしまいます。

今の投信工房は自分に合っている。それだけで良いのです!

これだけ投信工房を褒めても、お小遣いを請求しない当ファンドは今日も1日Coolでした。

 

 

 

 

 

今年も分配金無しで通過。世界経済インデックスファンドは視界良好!

f:id:keita-sanga86:20170122231030j:plain

世界経済インデックスファンドも良好のスタート!

分配金出しちゃうと、信託報酬も下げないのに分配金出すとはど~たらこ~たら言われちゃうもんね。無難にスルー出来てなにより。

勝手にライバル視しているeMAXIS バランス(8資産均等型) に2016年度は1.47%マイナス。5年年率でも1.71%マイナスと旗色が悪いですが、利確する頃には新興国ブーストかかってくれるとうれしいけどね。どうなることやら。

話は飛んで積立NISAについて…

最近よく話題になるiDeCoにまったくついていけてません。それならば積立NISAはどうだろうということでカン・チュンドさんのブログをチェック。現在NISAはSBI証券にあるので、今年は投機できるタイミングがあれば使い切って本年中に利確します。

来年からはNISAを選択できるらしいので当ファンドは積立NISAを選択する予定です。

積立できるファンドにも制限があるかもしれないので、銘柄選定はまだ決めてませんが、20年置いておけるなら世界経済インデックスファンドがいいなと思います。40万ならば月3万とボーナス月5万くらいのペースなので、これならばしばらくは資金を捻出できそうです。

20年置くことを考えれば、世界経済インデックスファンドなら長期運用に耐えられると思っています(新規で信託報酬の安い世界経済インデックスファンドみたいのが出ちゃうと迷うんだけどね…)。ころころと銘柄変更することなく長期投資を乗り切るためにも世界経済インデックスファンドに更なる期待を寄せます!

今年も松井証券の積立を止めない…

松井証券ポートフォリオも自動で順調に育っています。

現在は…

国内株式10%(9%)

先進国株式60%(53%)

新興国株式30%(31%)

先進国債券0%(7%)

と自動でこちらの指示通りにトレースしてくれています。先進国債券はどっかのタイミングで処分しようかと思いますが、心地よいポートフォリオの作り方をしてくれていますね。

毎日自動積立と自動追尾型のポートフォリオが私のリズムに合っています。

毎日自動積立もあり、積立NISAもあり、世界経済インデックスファンド本体もあり、国債社債ありと(現金少なめ)。

人生最大の買い物が、世界経済インデックスファンドとは他人に言ってもなんのこっちゃですが。

でも悪くない人生、乗り切っていくぜ伊達と酔狂で!