読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊達と酔狂のスペキュレーション!けーた@関東麿Ninja1000 のブログ

投資信託で長期投資をはじめます。京都サンガF.C.を応援中。チームの目標はJ1連覇!(2016年J2・5位)。革靴とスーツに興味津々

世界経済インデックスファンドを手放す準備は出来ている

f:id:keita-sanga86:20170426220513j:plain

分散か集中か、積立か一括か

世界経済インデックスファンドに関しては昨年の11月に購入したのが最後でしばらくはバイホ中です。

インデックスファンドやバランスファンドまでも信託報酬がどんどん割安になってきていることに煽られ、さらに相変わらず投資方針が定まっていないのが災いし、今後はどうしようかと考える、いつもと変わらぬブログです。

 変更なしが最善の策か?

世界経済インデックスファンドスリムが出ないことが前提ならば、このままバイホして、松井証券で株式の割合を増やしていく現状の方針が一番いいでしょう。世界経済インデックスファンドの分散投資はずっと先を見据える上で最適だと思いますし、リスクかける部分は、毎日自動積立することにより分散を図ります。

スリムが出るのであれば、全弾利確してスリムに移行すればバイホするのにさらに有利になります。

三井住友アセットは、インデックスファンドの信託報酬も他社の値下げには追随していないので、他社にくらべれば新規で資金流入しずらい環境だと思います。

世界経済インデックスファンドもポートフォリオの妙味はあるにせよ、松井証券でもトレースできるようになり、今の信託報酬ではバイホするにはやや重い気がしています。

何も考えずにバイホできればいいのですが、信託報酬値下げや新たなバランスファンドの登場等、情報は入ってきます。今は銘柄選びの過渡期かもしれません。

放っとけないなら集中投資はどうよ

先進国株式でもダウでもひとつのチャートに集中して投資していくことが、まだ出来る環境にあります。

こちらは、さわかみのじーちゃんが言う所の長期投資という感じです。

単一の銘柄を選んでとは行きませんが、最低単位のダウで、長期の波で売り買いしていきます。

底で買って、上で薄く売るという、じーちゃんは簡単に言いますが、簡単ではないでしょうし、まだ本当の暴落は経験していないので単純に積立てて行くより心理的リスクが伴います。

世界経済インデックスファンドのチャートをずっと見てきて、その感覚がそのままいかせるかどうか。

もう一度、投資の意味と最終的にどのくらいの金額が必要かをイメージして選択していくこととします。

 

 

 

 

松井証券問題は無事解決!

f:id:keita-sanga86:20170423202348j:plain

にゅーぽーとふぉりお(何度目だ!)

松井証券での毎日積立投資のポートフォリオを組み替えました。前回書いた通り

・先進国株式7

①たわらノーロード先進国株式   2
②たわらノーロード先進国株式H有  2
③たわらノーロード NYダウ      3

新興国株式3

 

①たわらノーロード新興国株式    3

 

こんな感じで、「たわら」づくしとなりました。完成まではしばらく掛かりそうですので観賞植物だかなんだかあれだけど、じっくり育てていきます。

私にあってる松井証券

投資信託を買って、積立てて育成していく過程で一番私にあっていると思えるのが現在のところ松井証券です。

毎日自動積立は何度も言ってますが、その他にも、ポートフォリオの変更も円グラフベースで可視化されますので、意志薄弱だろうが、神経質だろうが、人として…(もういいよ!)なヤローにもやさしい画面だと思います。

例えば現在のポートフォリオで10年後にH有の比率を上げたり、債券を組み込んだりも出来ます。比率を決めたら、それこそ放っておけばその比率に自動的に近づけてくれます。

大手が、似たようなサイトを作ってポイントで釣れば、松井証券も苦戦するでしょうけど、これからも色々楽しませてくれるでしょう。

まだ完成しないぽーとふぉりお

新興国株式に関しては、まだ信託報酬が下がる余地があるため、銘柄自体は変更するかもしれません。

基本的に「たわら」でいいかなと思っていますがいーまくが圧倒的な信託報酬の新興国株式を投げ込んで来るかもしれません。その時にいいと思う銘柄に投資していきます。

世界経済インデックスファンドをどうするか問題

三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社のインデックスファンドだけが、信託報酬が取り残された状態で、さらに後回しのバランスファンドの世界経済インデックスファンドも依然スリム化する気配もありません。

横並びの世界ですので、下げざる得ないとは思いますし、最後の最後の後出しで勝負にでるのもありだとは思いますが、積立NISAを睨んでそろそろいいんじゃないのという思いです。

そもそも積立NISAに世界経済インデックスファンドが選ばれるのかもわからないですが、このコンセプトで長く保有したい気持ちはあるのでやはりスリムに期待します。

ただし、スリムを新設するようであれば今保有している世界経済インデックスファンドは全弾利確する予定です。

 

 

 

 

まずは松井証券問題から片付ける

f:id:keita-sanga86:20170422234549j:plain

ついにダウにも投資できるぞ

ついに、松井証券で24日から、ひふみ投信、たわらノーロードNYダウやら、ちょいちょいアクティブファンドとか、投資できる銘柄が増えました。

とはいえ、対象が重複している銘柄が多く、私にはほとんど不要なわけですが。

ただ、比較的信託報酬の安いアクティブファンドを一定割合組み込んで、さらに高いリターンを目指す投資家にとってはいい選択肢になるでしょう。ひふみのリターンを見て羨ましいなとは思うけど、結局面倒が勝っちゃう私は、そこそこの手数料のたわらメインで現在投資中です。

世界経済インデックスファンド指数からの離脱?

現在、世界経済インデックスファンドの割合を見て、

・先進国株式6

新興国株式3

・国内株式1

の割合で投資しています。松井証券であれば、この割合に応じて一円単位で毎日投資金額を割り振ってくれますので、育成していく過程を眺めるのも一興です。

しかし、そもそも原点であるアメリカ、インド、ひふみに投資したいことと、あまりTOPIXが好きではないことがあって、このタイミングでダウをぶっ込んできたのであっさりポートフォリオを変更しようと思います。

明日のメンテ終了後に設定するつもりです。

新しいポートフォリオ

松井証券に関しては株100%でいくのは変更ありません。

・分散に関しては、先進国株式7:新興国株式3に割り振ろうと思います。

・先進国株式の割り振りを悩んでいますが、先進国株式4:NYダウ3

もしくは先進国株式2:先進国株式2(H有り):NYダウ3

とこんな感じです。先進国株式の比率は流動的ですが、長期投資をしていく上で、H有りの比率を増やしていくのも面白いと書いている人もいたので、その辺の感覚をパクリつつ、自分に合えばその投資法を継続していきます。

世界経済インデックスファンドのはじまりの終わり??

ついに世界経済インデックスファンドのライバルであったいーまくがeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を投入してきました。信託報酬が0.22%ということで積立NISAの最有力バランスファンドに躍り出ました。

ほとんど横並びで来ていた世界経済インデックスファンドもスリムを出さざる得ない状況になって来ました。

いずれにせよ、現行の世界経済インデックスファンドは信託報酬据え置きでしょうから、一括か少しずつかはありますが、利確して松井証券と、新たなバランスファンドに振り分ける予定です。

世界経済インデックスファンドのスリムが出れば、こちらに組み替えますが、出ないようであれば、その時点で信託報酬の安いバランスファンドに乗り換えていきます。

2本の投資信託の意味

SBI証券での投資は、会社を辞めた後の生活が目的であり、積立NISAも含めて低コストでリバランス要らずのバランスファンドで運用する予定です。

松井証券に関しても(相場に居続けるという意味では長期だけど)今の生活を楽にするための投資です。必要があれば利確して使っていきます。

長期投資のスタートに立つ

未だに長期投資のスタート位置にすら立てず迷っていました。信託報酬の相次ぐ値下げがどの辺で落ち着くか。バランスファンドもさらに追随してくれるのか。積立NISAがはじまるまでもう少し変化がありそうな予感。

いい波に乗って、いい銘柄に長期投資していきたいものです。

 

 

 

 

ファイナルインデックスファンド

f:id:keita-sanga86:20170413225720j:plain

本日も迷うぜ~

ジェットコースター化する相場にへばりつくようにひたすら毎日、松井証券でインデックスファンドを購入しています。世界経済インデックスファンドの黄金比率通り、先株6:新株3:国株1の比率で購入しています。

私の感情と松井証券の毎日積立はとにかく相性が良く、とにかく毎日同額買い続けたい欲求を満たしてくれています。

毎月積立では遅すぎるくらいの感覚です。

TOPIXが好きじゃない!

はい、はやくも揺らいでいます。

昔のブログを読み返してみると…

 

keita-sanga86.hatenablog.com

 新光ピュアインド

ひふみ

i-mizuho米国株式

といった感じで、アメリカ、インド、日本のアクティブファンドに投資したいと思っていました。

その後世界経済インデックスファンドと8資産バランスで迷って世界経済インデックスファンドに投資していましたが、インデックスファンドの低コスト化と松井証券の自動リバランスができるようになったので徐々に松井証券に移して行きたいなというのが第一の悩み。

松井証券にも死角あり

世界経済インデックスファンドの比率を崩して松井証券にシフトしていくなら、コストをなるべく下げたいと思うのですが、先進国株式もいーまくスリムが実装されてませんし、たわらノーロードTOPIXもまだです。今後の低コスト化にすぐ対応できるのかどうか。たわらでもいいですが、いーまくスリムと検討できる環境は欲しいですね。

後は魅惑のたわらノーロードNYダウも待っているのですが…

待ちながら考える

先進国株式をたわらからいーまくに、国内株式を三井住友・からたわらに変えれば、さらに手数料を落として運用できるのでまずこれを考えます。

TOPIXが好きじゃない、私の感情と好みを組み込めば、個別株代わりにダウを持つことも考えます。

ダウに変えてから、将来TOPIXが最高値2884.80を超えていくとしても、私が買わなくても年金が買っているので、年金で還元してくれれば十分かなと。

投信は外国資産だけで運用してもいいと最近は思っています。まだまとまりませんが。

積立NISAも迷う

基本的に世界経済インデックスファンドで行こうと思っていますが、まだ時間があるので、手数料を含めて考えたいと思います。

8資産バランスは国内資産が多すぎるので候補ではないのですが、やはり手数料は魅力ですね。

積立NISA用に新規設定バランスファンドされるかもしれませんので期待して待ちます。

脱ポイント生活

keita-sanga86.hatenablog.com

結局のところTカードを復活させてクレジットカード2枚持ちになってしまいましたが、一応JCBとVISAを持っておくと言い訳しつつ。

ただ、ポイントに縛られると、行動範囲が狭くなると思うので、ゆるやかにポイントから離脱していくことも考えます。

世界経済インデックスファンドのポイント還元をふるさと納税に全弾使うのは悪くないと思うのですが、ポイントがあるから行動が鈍るのは自分らしくないなと思うので、定期的に生活を見直します。

SBIポイントなくても生活できますし、そこを中心に考えるのは止めようと。

 

何度でも悩みブレる当ファンド。

明日は何で悩もうか?

 

 


 

 

 

 

 

 

 

church's consulを買いました

f:id:keita-sanga86:20170406201357j:plain

これ以上は望まないビジネスシューズ

みずほプレミアムクラブの数少ないメリットとして、小田急でchurch's consulを買いました。

すでにビジネスシューズは黒のストレートチップにしか興味が無く、それならば一番納得いく黒のストチを手に入れたいと思っていました。

伊勢丹松屋であればもう少し選択肢があるのですが、小田急縛りがあるのでほぼconsul一択。何度も履いて、恐ろしいくらいのフィット感に、これ以上の物を求めることも無いだろうと購入しました。

church'sはこれで3足目

・RYDER 3

・SHANNON

とオンオフに関わらずchurch'sを履くことが多くなりました。服装に関しては最近ガラッと趣味が変わり、ジャケパンでいることが増えました。スニーカーもCONVERSEのONE STAR一足だけになりました。でもこれは好きなので今でもよく履きます。

柄物のシャツは実家に送ってしまい。無地系が増えましたね。

服自体、大分減ったので整理が楽になりました。

ダイエット、リバウンド無し!

確か10ヶ月くらい前からダイエットを再会して4ヶ月後には7~8㌔落として、ウエストも5㌢以上落としたあと半年以上立った今もプラス1~2㌔辺りで安定しています。

理由は、ただただ白飯を食べないだけ。主食は納豆。なるべく魚食べて、揚げ物食べるときは必ずサラダを食べる。

夏場から秋口にかけてはRUNNINGよくしてましたが、寒くなったらぜんぜん走らなくなりましたが笑。

もう少し暖かくなったら再開します。

ダイエットして体の芯ができてきたので、RUNNINGと筋トレで、もう少し肉体改造してみたい。

自分の思う人生だけを行きていきたい!

 

 

究極の世界経済インデックスファンド(株式シフト型)を目指すには

f:id:keita-sanga86:20170326234900j:plain

脱債券王への道・再び…

前回に掲載したときとほとんど比率は変わりませんが現在の総資産の割合はこんな感じです。

・預金・現金 10.8%

投資信託  50.7%

・債券    38.5%

投資信託は世界経済インデックスファンドがほぼほぼなので半分が債券になります。

・預金・現金 10.9%
・株式    25.5%
・債券    63.6%

と総資産の6割強を債券で保有しています。投資信託を買っている割に株式の比率が結構低いです。

債券は、国債あり、社債、先進国・新興国債券と様々ですが、これ以上世界経済インデックスファンドを買い増して債券を上げていくより、松井証券の積立に注力して株式の比率を上げているところです。

積立NISAのからみもあるので…

2018年からの積立NISAはなんだかんだで、世界経済インデックスファンドにするとして、今のペースで松井証券の積立を続けて行って投資信託内の比率、株式75:25を目指すとなると、それこそ10年くらいかかりそうな勢いです。

じゃあ10年やってみようかな

私の中で投資信託の核に世界経済インデックスファンドをおいておくことがしっくりきてるので、信託報酬の値下げは他人にお任せで、しばらくはホールドしておきます。

松井証券は投信を毎日買っている状況が欲しいという、超心理的欲求のためというのもありますが、資金を用意して、積立を続けられていれば日々の生活も安定しているだろうと思い、私のバロメーターとしても機能しています。

もう世界経済インデックスファンド(株式シフト型)が完成したら積立止めてもいいんじゃないかと思えるまで毎日積立続けます。

 

 

 

まるで金縛り…消極的バイホ戦術

f:id:keita-sanga86:20170324214043j:plain

暴騰?暴落?どっちを望むか

暇な日にこんなことを考える…

例えば、世界経済インデックスファンドが18,000を割ったら追加投資しようと思っていて、なおかつこれから22,000に向かうより18,000に向かう可能性の方が高いんじゃないかと思っているが、すっきり利確して、18,000を割るのを待つ確信もなく(利確したら上がっていくよな)…でも18,000割れで止まる確証も無いし。

なんか仕掛けようとするけど、できることもなく。

ならば松井証券はどうか

松井証券の毎日積立も5年くらい毎日マイナスだったら積立甲斐もあるんだけど、プラスになったら高値掴みだもんな~。かといって買いを一日たりとも止めるでもなく…

だいたい、暴落きたら一括投資してる世界経済インデックスファンドが足枷になるし、ほどよく上がって下がって最後に上がってくれればすることなくって言うことなしだけど、どうなることやら。

ならばNISAで一発ねらう!年末の海外旅行費

今年のNISAは一括投資。目指せRSI20割れ!(いまだにこれしか知らない…)本日もいい感じで落ちてきていますが、狙うのは夏場かな。去年もワンチャンスあったし。結局、夏を待ち、とくに買い場もなく何もせず。だったり…

妄想投資…そこで動けるかどうか

結局、松井証券で積立続ける以外にこれといった戦略はありませんが、続けていくには、これからくる妄想投資とどう付き合うかだね。動いたら勝ちの局面もあるし、負けることもある。

ここのコントロールだけは他人をパクれない。

後悔のない判断と人生を!