『RV全米株式』で駆け抜ける投資生活!

VTIより高いリターンを得られる人は私より幸せです。

相場見ないで頭グルグル!

むしろ京都サンガにイライラな毎日

今日の熊本戦に敗北し、明日の讃岐戦の結果次第ではJ2最下位に転落する京都サンガ。今年のチームに惰性でお金を払う気力は残っていません。

2009年にブログをはじめたときは京都サンガネタを喜々として書いていましたが9年目にしてはじめてのファンクラブの非継続。あまり嬉しくない節約になりました。

着実に進む、月額手数料の見直し!

前回のブログで月2000円分の手数料を見直しました。後見直せそうなのは、ゴールドカードの年10,000円(月833円)分。

現在カードは2枚持っていて、無料のヤフーカードに月額の支払いを全て移管中です。

ゴールドカードも十分役割を果たしたと思います。これを機に無料カード一枚に戻したいと考えています。

ダゾーンは京都サンガ以外、ほとんど見ないのでコスパ悪いですが、さすがに試合見ないまでは見捨てられないのでホールドで。

ゴールドカード切ったら見直し終了になりそうです。

投資をシンプルに!

現在は相場から離れていますが、たまにヤフーニュースでダウ500円超下落とか(できれば数字を見出しに出さないでほしいけど)、ちらっと見えてしまったり、PFFを打診買いしたときに、なるべく他の画面を見ないようにSBI証券にログインしたり(これはこれでパラノイアっぽいw)。

投資についてあれこれ考えるのは好きみたいです。

ノートに書きなぐりながら考えると、もっとシンプルに出来そうなきがします。

PFFは切り離して考える

究極的にいえばPFFとVTだけでいいと思っていますが、定額で積み立てていくとなると、まだ手数料の壁もあり、どこかでVTの積立が止まってしまいそうです。

できれば毎日積立ていたいタイプなので配当は魅力的ですが長続きするかどうか。

PFFの値動きであればある程度まとまって投資しても大丈夫かなと思っています。可能であれば2か月に一度、配当だけで再投資できればいいですが、これもかなりの金額が必要です。

どちらにしてもSBI証券では再投資も含めてPFFだけひたすら買っていけば金融暴落があっても続けられそうです。

配当利回りを考えると不動産投資のような感覚です。現物買うより年率0.47%支払うことでインカムを得れますので、これは私が出来る数少ない副業として頑張っていきます。第一の目標は総資産の3分の1以上。PFFがポートフォリオの中心になりそうです。

VTの代わりは?

積立重視ならば現在投信工房で続けている疑似世界経済インデックスファンドか、SBI証券ですでに購入している楽天VTIを毎日積立てにするかが考えられます。

両方積立もありですが、できればどちらかにしたいと思います。

楽天VTIのメリット

PFFのキャピタルがほとんど見込めないならば、株100%は許容できる。

積立NISAも楽天VTIなので、投信も一本化できる。

SBIポイントが入る

・世界経済インデックスファンドのメリット

すでに毎日積立を継続しており、特にストレスを感じない。

自動リバランス、配分変更等、世界経済インデックスファンドの配分変更にも対応できる。

リターンは劣るかもしれないが、PFFの暴落にある程度の耐性を確保しておく。

 

愛着があるのが世界経済インデックスファンドでポイントを含めたリターンを得るなら楽天VTI。楽天VTIならSBI証券で完結できるというのもあるか。

どっちがいいだろ?

1557は適当に…

もともと、積立NISA投資用の金額を入れています。これを崩して積立NISAとして楽天VTIに投資し直すのもいまいちどうなんだろと思いますが、そのくらいの位置付けですので、PFFや投信の積立に回そうが適当に考えます。これ以上の追加投資はしません。

大体のまとめ

PFFを買い集めて2か月に一度追加投資できる体制を作る。

積立は世界経済インデックスファンドか楽天VTIに集約していく(どちらかはもう少し考えます)。

 

 

シンプルライフ再び

調子のバロメーターが下降気味

なにかに依存を感じたら危険なサイン。

生活面で掃除がちゃんと出来てない場合、調子の悪いサイン。子供みたいですが…

掃除のスピードが遅いとか、後でやろと後回しにしだしたりすると、気力が下降気味(京都サンガがついに降格圏21位になったというのが大きいですが)。

とにかく調子の悪さは自覚していたので、こんなときは生活を見直すチャンス。土日であれこれ考え実行しました。

まずは捨てるものチェック

読まなくなった本を袋にまとめ、ブックオフへ。PS4やDSのゲーム関係をソフマップで売却し、今後家具4点を処分しようと思っています。カリモク60の家具は、買い取ってもらえそうなのでお金になった分は投資に回そうと思います。

ゲーム用のモニターは買い取ってくれるところまでもっていかないとだし、物を処分するのはそれなりの労力がかかります。家具も必要最低限買ったつもりでしたが、最近はほとんど使わなくなったものもあるので、思い切って処分します。

月額系に手をつける

マネーフォワードのプレミアムを解約しました。記録も残って便利ですが、大枠がつかめれば大丈夫だと思い決心。これは月額500円。

みずほ銀行でのサービスを一点解約しました。これは月額1,500円払っていましたので、あわせて2,000円なので、世界経済インデックスファンドの毎日100円積立をほぼ賄えるようになりました。

検討中はメインで使用している、みずほマイレージクラブカード ゴールドを解約するか、無料のVISA、master系のカードを作るか。これには年10,000円掛かっています。会社勤めしてる間は持っていてもいいかなと思いましたが、年会費に見合っているかどうか。サブにはヤフーカードがあるので、仕事辞めるようなことがあれば、これ一枚で十分でしょう。一気に10,000円圧縮できるチャンスですが、ここはしばらくホールドします。

気運上昇!

掃除も無事に終わり、不要になったものの処分の目途も立ちました。またこれで調子が上向きになればいいけど!

 

 

副業としてのベーシックインカム

久しぶりのブログ。私は特に変わりなく!

久しく投資のことから距離を置いていました。現在も状況は変わりませんが、何故かベーシックインカムに関する記事を読んでいたら興味を覚え、自分で月7万円を得ることは可能かどうか考えていた土曜日の午後。本日も平和です。

米国株村で考えたこと

まずは、色々な投資法や考え方、みなさんをリスペクトしています。

海外ETFのことなどはたくさん参考にさせていただきました。投資で資産を増やしている人や、ブログ収入やアフィリエイト、今では仮想通貨と手段はたくさんあるし、これらを組み合わせて月7万円(年84万円)を達成している人もいます。

まず自分にできなそうなのはブログ収入やアフィリエイトで、そもそも広告自体が嫌いないとと、自分に発信力がなさそうなことです。無理なことはとりあえず外すとして…

では不動産投資はどうか?あんまりモノを所有したくないということでこれも却下。

じゃあやるか、仮想通貨?やりませんと。早くも暗雲が…

PFFで配当金7万円を目指す!

米国株村のみなさんの配当金の記事をみるにつけ、私にもできそうなのはこれかなということであっさり、配当金で月7万円を目指してみることにしました。

個別株には投資しませんので、VYM、BND、BLV、PFFあたりの投資になるでしょうか。

PFFに1000万投資したら配当は43万(間違ってたらすみません)とすると2000万投資して達成と。例えば現在積み立てているVTからVYMに変えて1000万づつなら64万と月5万ちょいくらいになりそうです。債券もVYMと似たり寄ったりで、配当金だけを考えるならPFF一択かなと思いました。VTをVYMに変更しようか考えましたが、株式は全世界でいいやと思い直し(変更するのが面倒というのが一番ですが…)PFFとVTのブレンドで行こうと思います。

ベーシックインカムを自分で得るとしたら2000万以上はかかりそうですね。そう簡単に導入できるものなのでしょうか?

回り道だがPFFを優先することに

どこまで買えるかわかりませんが、VTの積立を止め(今回は積立2回で戦略変更…あいかわらず)、しばらくはPFFを買い漁ってみようと思います。

貯金が苦手な私でも、配当金を頼りにVT投資の足しにすることもできます。
なぜ急にPFFなのかといえば、3年前に信金中金を買っていた記憶があり、当時もほとんど値動きがなく優待の食品カタログをもらっていて、なんとなく親近感があるからです。金融ショックには弱いらしいですが、普段、ほぼ値動きがなくVTとは違う動きをしてくれるなら、世界経済インデックスファンドが好きな私にとってもよい投資かなと思います。

戦略変更といってもPFFを組み込むだけですのでその他は変更ありません。

SBI証券×PFF(どこまで買えるかは不明。将来的にはVTとPFFに集約したい)

投信工房×世界経済インデックスファンド(毎日積立継続中)

SBI証券×VT(ちょっと待っててね。投信も随時解約してこちらに統一していく)

積立NISA楽天VTI)

松井証券×1557(臨時収入で買いたくなったらこれ。積立NISAの資金が足りなければこちらを解約して拠出する)

SBI証券×世界経済インデックスファンド(毎日100円積立。世界経済インデックスファンドのトレース分の顧問料として)

 

ごちゃごちゃしてるけど大事なのは上の4本。今年中に振り替えられたら上出来。やることはほとんど自動で出来ちゃう環境が出来てきました。配当金も楽しみに距離を取りつつ投資生活は続きます。

 

 

依存を感じたらさようなら…

巣立ちの時来る!

昔、TwitterのIDを削除したきっかけは依存を感じたことと、京都サンガが負けたときに脊髄反射的に投げつけてしまう暴言。

人として抑えられていた感情をすぐに吐き出せてしまう装置がいやになったからです。

ブログはいったん文章にしてから一息置いて見直して(その割によく間違えるが…)投稿するため、Twitterほど直接的にぶつける感じではないので私は好きですが、アクセス数とか、アフィリエイトとか、もともとテレビの広告が見たくなくて投げ捨てたのに、またそんなのがむき出しの世界に顔を出すのは場違いかなと思い始めた。

投資方針定まる!

長らく迷走していた投資方針も

・投信工房×世界経済インデックスファンドの毎日積立

・VTの毎月積立

SBI証券×世界経済インデックスファンド(100円毎日積立)

松井証券×1557スポット購入

と決めました。重要度が高い順に掲載しました。外国ETF買うのやっぱ面倒とか、1557スポット買いするたびに株価見えるのやだからとかになってしまっても、投信工房の積立を止める理由はありません。管理が面倒ならこれ一本でもいいかなと思っています。

現状6月のボーナスまではすることないので、そこまでは投資ブログは辞めようと思います。

まずはブックマーク外しから…

投資に関する情報関連を削除しました。残っているのは、

・日々の値動きについてほとんど言及しないカンチュンドさんのブログ

・「日本の投資家の皆さまが成功する投資家になるためのバンガードの4つの基本原則」がみれるところ

の2つだけにしました。

証券会社関連は一つにまとめて普段開かないフォルダに封印しました。

それでも開いたら証券会社関連も削除しましょう。

ダイエットの初期段階に似ている…

ダイエットはじめたころ、ご飯食べても腹減った状態でしたので、コンビニ行ってカロリーメイト食べてた時期がありました。

それを辞めれたら加速度的にダイエットに成功しました。

まあ、生活の乱れを感じたら、依存している部分から離れてみるとうまくいく。ブックマークをごっそり外してみる。

わりかしPCですることが減っていいかも。

しばらく投資ブログはいいでしょう。

次回の戦略会議は6月に!

ボーナスとマネックス債が償還されるので、各証券会社に配分してまたしばらくは放置します。

結局方針さえ決まればやることはあまりないはずなので。

まずは、核になる投資を確立すべく投資方針をパクりまくったブログから距離をおくことにします。

京都サンガや日常思うことは続けます(ブログ村Ping代理送信は押さないようにします)。

たまには投資のことも書くかもしれませんが、でもとりあえず一段落。

投資に依存しない人生を!

 

 

 

 

投資方針チェック!こんどこそ?いつもと同じ?

f:id:keita-sanga86:20180328235951j:plain

各種部門をチェック

3月も終わり、投資方針も固まってきました。そこで各部門をチェックしながら投資方針の再点検。ゴールはひたすら長いです。それに耐えられる戦略を今日もひたすら考えます。

投信工房×世界経済インデックスファンド(毎日積立)

新興国債券をいーまくからiFreeに変更しました。いつのまにかiFreeも取り扱っており、iFree自体あまり好きではないのですが、信託報酬を考えると背に腹は変えられません。これにより信託報酬は0.1731%になりました。

SBI証券でのポイントを捨ててでも、投信工房を選択したのは、長期投資には秩序ある積立が必要であり、オートリバランス機能は私にとっては必須だと思うからです。

副次的ですが、バランスファンドで買ってしまうと、なにが上がってなにが下がったか良くわからない感じでしたが、6本の値動きがわかるので世界経済の動きが実感できます。

リートは不要ですが、やはり株式50:債券50で持つのが私には合っていますので、すべての投資を一本に絞れと言われればこれにします。

そのうちSBI証券でも同じような機能を搭載するでしょうから、そうなったらその時考えます。

SBI証券×VT(毎月積立)

本日約定して、これから毎月積立していきます。毎日買いたい私としては毎月のペースは遅く感じてしまいますが…ETFの性格上しかたありません。

ジェイクールを買っている身としてはVTでいいやという境地に立つのは5年~10年かかるでしょう。VTからはじめる配当金生活。これはこれで楽しみです。

積立NISA×RV全米株式

こちらもRV全世界株式にしようかと思いましたが、米国独り勝ちのシナリオも捨てきれないので20年じっくり全米株式を育てます。

松井証券×1557

サテライト的な立ち位置で、買いたくなったら買うスタンスで。30000超えたらおいそれとは買えませんが。目標はRV全米株式とあわせて1000万円。つまりは200万買えたらいいんだけど…

さらに余裕があればBLV(債券)も買いたいです。VT優先ですが、株式が低迷する時期もあるでしょうし、配当も増やしたい。ジェイクール次第ですが。

控えめなリターンと配当も少々。そんな運営がぼやっとしたイメージです。

 

 

 

VT×「米国株式・ETF定期買付サービス」はじめるよ!

f:id:keita-sanga86:20180310224031j:plain

銘柄は当面VT1本で!

ついに「米国株式・ETF定期買付サービス」の設定スタートしましたね。投信のようにETFが買える時代になりました。

淡々と手動積立できる人は不要でしょうが、長く定期的に積立ていくなら自動積立は欠かせません。相場観よりオートマチックなシステムを構築した方が長く続けられそうです。

まだ、米国ETF買ったことがないので、試しに12日にVTを1口買える設定をセットしてみました。

ノーロードってわけにはいかないので、実際の積立はある程度まとまった金額をセットしなくてはいけません。

これも、そのうち最低積立金額何円、何ドル必要って誰かが計算してくれるでしょうから、それを元にどれくらいの金額を投資するか考えます。

銘柄を決めた理由

投信のように100円、1,000円から買えますというわけにはいかないので、毎月、手数料負けしない設定をする必要があるため、何本も手を出すのは面倒(無理よね。金額的に)だということ。

松井証券のようにポートフォリオ組んで、金額入れられればいいけどそれWealthNaviだしね。

本当ならば株式50:債券50で組みたいけれど、今の総資産とリバランスの手間を考えたらVTを積み立てていき、金額が積み上がって、配当で債券を買えたら買っていこうかと。まずはVTで橋頭堡を築きます。

全米VS全世界

これから、10年~20年のスパンでどちらに投資し続けた方がリターンが大きいですかといわれれば全米だと思います。

全世界の「これから中国・インドが~」「新興国の躍進が~」みたいな意見も説得力がありますが、逆に今後ますます、アメリカ一強の世界になる可能性もあります。

街を歩けばAmazon一色の世界が待っているかもしれません。なんか嫌だけど。

今栄えている国(そもそも20年後の国の概念もどうなってるかわかりませんが)は必ず衰退するイメージがありますが、それが私が生きている間なのかすら確信がもてません。

日本も衰退しない未来

私自身、日本に投資し続けたいかと言われればしたくありません。成長し続けるイメージがないですし、株式と日本(資本主義と日本)って相性良くないのかもしれません。

VTに投資したら資産が倍になりました!となった時にVTIなら3倍でしたみたいな未来が見えている予感しかありませんが、積立はVTに決めました。

どの国のイノベーションも次の世代が中心になります。今の私の感覚でものを見ていたら、逆ホームカントリーバイアスの罠に落ちるかもしれません。まあ、せっかく全世界の株式が買えるんだし、くらいが一番の理由ではありますが…

VTでいいやはやめる!

「迷ったらVT(VTI)にしとけ」とは色々なブログでいわれていますが、じゃあ、VT(VTI)メインで長続きするかどうかは別問題です。配当やらスマートベータ、組成しようと思えばなんでもできてしまう金融工学の世界。銘柄選びも迷いますね。

私もi-mizuhoからはじまり、毎月分配型投信、アクティブファンド、インデックスファンド、個別株と色々買いましたが、一番楽なのは、松井証券×世界経済インデックスファンドです。ビジュアル的にもきっちり配分に合わせて買い付けてくれますのがグラフでわかりますので、辞め時がわからなくる感じです。

VTと世界経済インデックスファンドのコンセプトも時価総額GDP比と違うので、この2本を買い付けるのも若干違う気もしますが、どっちも好きなのでこれはこれでありです。

ようやっと戦略らしきものが見えてきた!

積立部門

松井証券×世界経済インデックスファンド(毎日積立。遺産も毎日積立て12月に利確してみずほに戻す…結構面倒)。

・VT×「米国株式・ETF定期買付サービス」(毎月積立。金額検討中。これで配当金も貰えるね)。

SBI証券×世界経済インデックスファンド(ラテマネー的なものの節約の意味と松井証券で世界経済インデックスファンドを無償トレースしている罪悪感も含めて100円毎日積立。別名顧問料)。

積立NISA部門

・RV全米株式(すっかり忘れてましたがサブタイトルは『RV全米株式』で駆け抜ける投資生活!でしたね)。

サテライト部門

松井証券×1557(これ以外の投信はVTの積立資金に回そうと思います。ジェイクールで資金が増やせれば積立が楽になるけどどうなるか)。

大まかに分けたらこんな感じでしょうか。積立に注力しつつ臨時収入は1557に入れていく感じです。

まわりまわって、私にとっての最適解は世界経済インデックスファンドとVTになりそうです。

まずはVTの積立のしかたをもう少し考えます!

 

「米国株式・ETF定期買付サービス」について考える

f:id:keita-sanga86:20180307193225j:plain

これが出来たら戦略が一変するなぁ…

PRTimesでチェックしたものですが、SBI証券で10日から「米国株式・ETF定期買付サービス」がはじまるとのことで、この手のサービスは今のところWealthNaviのような形しかなかったので、金額指定で海外ETFが積立できるのであればぜひとも参加してみたいです。

ETFの難しさは自動積立出来ないところにあり、1557も不定期(気分)な買い付けとなっていて、長期的に投資していくのであれば買い付けは自動が私にとっては望ましいと思っています。

おそらく、投信工房のようにポートフォリオを組んでその比率で買い付けてくれということはできないのでしょうが、例えばVTを日付けや曜日で買い付けることが出来るようになり、投信買うよりもアドバンテージがあるように思います。

こんな感じで買いたい…

投信工房×世界経済インデックスファンドのときは自作のポートフォリオはしないといいましたが、いざETFが自動積立できるのであればこんな感じでもいいかな。

VT…30%

VYM…20%

BND…50%

自動で買い付けてくれて配当ももらえるシステムが構築されれば自分の戦略もついに終盤を迎えられそうです(何度も破綻しましたが…)。

・投信工房×世界経済インデックスファンド

松井証券×1557

SBI証券×米国株式・ETF定期買付サービス

SBI証券×積立NISA

の4本立てで。詳細はもっと詳しい人が説明してくれるでしょう。

今は期待するのみです!